ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

たいらになった二つの山」 みんなの声

たいらになった二つの山 作:ビーゲン セン
絵:石川 えりこ
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784904716526
評価スコア 4
評価ランキング 18,462
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビーゲンセン

    ビーゲンセンさんの作品だったのでこの絵本を選びました。文章と絵がぴったり合っているのが良いと思いました。この絵本を読む事で行動することの大切さを再確認できました。コンディションが悪くても行動することで改善されることの素晴らしさが心に染みました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • もう争いはおきないといいですね

    南に面して、肥沃な土地を持つ、豊かなてるやまと、立地条件が悪く作物が豊かに実りにくいかげやまの日々の暮らしを、同じ季節を対比させながら進んでゆきます。
    地道に、土地を改善し、労力を惜しまず、協力しながら仕事を進めてゆくかげやまの人々。
    それに対して、てるやまの人々は実りを願うまつりや実りに感謝するまつりを熱心に行っていました。
    てるやまの庄屋さんは怠け者?はじめから目つきが気になります。
    案の定、不作でどうにもならなくなった時の庄屋さんの考えたことは驚くべき悪だくみでした。
    その夜起きたことは、大いなる神様の怒りでしょうか?
    たいらになった土地で、きっとこの教訓は生かされることでしょう。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な昔話かなと思いよみましたが、大変シビアなお話でした。

    立地条件の良いてるやまの村人と、日照時間の短いかげやまの村人。
    環境が人間の性質を作り上げてしまうものなのでしょうか。
    てるやまの村人は、自然の恵みに頼り切った結果、村が成り立たなくなるような事態まで追い込まれます。
    かげやまの村人は、悪条件を改善しようと、日々自然と真摯に向き合い、子どもから年寄りまで汗を流す日々です。

    しかし、どちらの村にも自然災害は、等しく襲います。
    てるやまの村の男衆は、とんでもない事態解決策を考えたばちが当たったのか、・・・・・・。

    生き残った者たちは、平らになった二つの山の跡地で、これを教訓にかつてのかげやまの村人の生き方を選んで行って欲しいと思いました。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳にはちょっと難しかった!?

    「てるやま」と「かげやま」の二つの山のお話です。
    この二つの山の村人達の対比でお話は進んで行きますが,大切なこと(努力を積むこと,みなで協力すること等)が描かれています!
    4歳幼稚園もうすぐ年中さんになる娘と読みましたが,我が家の娘には少し難しかったようですが。

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対照的なふたつの山

    昔話風のイラストが、物語にとてもよく合っています。

    文字が多くお話も長めなので
    自分で文字を読めるようになった年齢の子向けだと思います。

    対照的なふたつの山が登場することで、
    テーマが分かりやすくなっていると感じました。

    道徳の時間などに、学校で読まれる・・・というイメージの絵本です。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い…

    実りが多いため、努力をしてこなかったてるやまの村。
    実りが少ないため、努力工夫してきたかげやまの村。
    ふたつの村の物語です。
    だんだん実りが減ってくるてるやまと、徐々に実りが増えていくかげやま。
    ふたつの村の対比が、印象的でした。
    「村は助け合いながら生き延びてきた。それを忘れたら、村は滅びるぞ」
    かげやまの言葉ですが、そのとおりだと思いました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 似てる?

    アリとキリギリス?に

    どこか似ているのかな?と思いながら読みました。

    後半ちょっと変わってきたので同じではありませんでしたが。


    最終的にはハッピーエンドですが、

    なんかスッキリしません。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット