おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おばあちゃんのおはぎ」 みんなの声

おばあちゃんのおはぎ 作・絵:野村 たかあき
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年09月15日
ISBN:9784333025046
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,729
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作りたくなります!

    こちらのシリーズの「おばあちゃんのひなちらし」を幼稚園児の娘と読みよかったので,こちらの「おばあちゃんのおはぎ」も読んでみました。
    末巻には3色おはぎのレシピも載っていて,この絵本を読んだ後はおはぎを作ってみようかという気持ちになります。
    行事を家庭で手作りで行う,大切なことだなぁと思わせてくれる絵本でした。

    掲載日:2015/06/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 秋のお彼岸

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    秋のお彼岸のお話。
    おばあちゃんといっしょにおはぎをつくる女の子、いいですね!
    3色おはぎに挑戦です。うちのおはぎは一色だなー。
    その家その家の味があるっていいことだと思います。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今度作ってみたい

    このお話は、お彼岸の時におばあちゃんが家族と一緒におはぎを作るお話でした。うちの子はおはぎを食べるのは嫌いなのですが、この絵本を聞いて「今度作ってみたい!」と言っていました。このシリーズの絵本を読むといつも作ってみたくなる、そんな素敵絵本です。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはぎというもの

    おはぎというものに、今まで縁がありませんでしたが、

    これを読んでかた、すっかりはまったようです。

    私が小さい頃、母が作ってくれたものは

    残ったご飯をつぶして、きなこをかける程度でしたが、

    このお話は一から作り方が分かります。

    それと「おはぎ」と「ぼたもち」の違いがはっかりわかりました。

    昔ながらのこういった手作りの食べ物は、

    家族代々の味、家族の食のつながりなど、

    大事にしていきたいものばかりと感じました。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝統行事と伝統食と

    「おはぎ」「ぼたもち」の違いって
    わかりますか?

    萩、牡丹の花の季節 説
    つぶかこし餡 説 等
    いろいろですし

    「夜船」「北窓」ともいうんですよね!?
    日本人って
    なんて感性が豊かなんでしょう

    きりちゃんのお料理好きの理由も
    わかります
    家族みんなで(おとうさんは、棚からぼたもち(^^ゞですが)
    作るのもいいですよね

    お墓参りはするけど
    なかなかみんなでおはぎを作ることはないですものね
    この絵本を読んだら
    一緒に作るのもいいかも!

    彼岸花もきれいです

    伝統の行事と
    行事食
    大切にしたいものです

    素敵版画ですよ

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かいおばあちゃんが素敵

    お料理好きの5歳の娘は喜んで読んでいました。
    我が家ではおはぎは和菓子屋さんで「買うもの」でしたが
    こうやって作るんだね。今度作ってみようか。と、話がはずみました。
    最後にレシピも載っているので。

    先祖を思う気持ち、お彼岸についても学べました。
    おばあちゃんがなんともいえず温かみがあり、心も温かくなりました。版画風の絵も一層温かさを引き立てています。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい行事の本

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    おばあちゃんといっしょにおはぎを作るという核となるストーリーに加え、おはぎとぼたもちの違いの雑学とか、お彼岸やお墓参りなどの行事についてわかりやすく説明されています。「たなからぼたもち」なんてことわざも入っていて、内容はかなり豊富です。
    個人的には私も知らなかった、おはぎは萩の咲く季節(秋)のお彼岸、ぼたもちは牡丹の咲く季節(春)のお彼岸に、同じ物でも呼び分けるって聞いて、日本語の季節感や豊かさを感じて感動しました。
    最後にはおはぎの作り方まで載っていて、作りたくなっちゃいます。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三色おはぎ

    昔母や祖母が作ってくれたおはぎを懐かしく思い出しました。家庭で作るのが当たり前だった頃がよかったなあって思いました。おばあちゃん、おかあさん、きりちゃん、おとうとのこうたくん、つまみ食い専門もお父さんと家族で作るおはぎって、家族の行事がいいなあって思いました。おはぎを親戚に配って毎年楽しみに待ってくれている人がいるのも嬉しいものですね!レシピが載っているのもよかったです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット