庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼくのトイレ」 みんなの声

ぼくのトイレ 作・絵:鈴木 のりたけ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784569781662
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,356
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • コレはすごい!!

    おもしろーいっ☆
    トイレトイレトイレトイレ・・・数え切れないくらいのトイレ!!
    どれもこれも、斬新で、オシャレで、おもしろいです!
    アイディア満載、ページをめくるたびに娘と大盛り上がり♪
    盗まれたぼくのお気に入りトイレを追いかける、探し遊びも楽しい♪♪
    トイレも斬新、お話も斬新、すっごいです。盛り上がること間違いなしです☆

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    これはおもしろい!まったく思いつかないようなトイレがたくさん出てくるし、表紙を見ただけで、子どもたちが、
    これ読んでー
    と、喜んで持ってきました。
    笑える絵本かと思えば、ただそれだけではない。とんがり頭のけむくじゃらに持って行かれたぼくのトイレのお話に、私も子どもも入り込んでしまってました。
    表紙を返したところにある、たくさんの変わりトイレの中から、自分のお気に入りを見つけるのも子どもたちの楽しみのようでした。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーキットイレース場の広告に爆笑

    手元にある絵本を整理していて、この作品のレビューは書いたと確信があったのに、書いていなかったんです。
    あんまり楽しくて、迫力のあるエネルギッシュな作品なので、ひと呼吸置いてから書こうと、書棚の後ろに回っちゃったのかな。

    やっぱり、楽しいぼくの″シリーズ。
    狭いトイレ空間で、トイレ考に浸る主人公。
    こんなトイレがあったらとか、友だちに似合うトイレとか、よくぞここまで思いつくものですね。

    そして、お約束の広い空間でのチェイス劇。
    トイレットコースターのスピード感がたまりません。

    お話会で読んでも、一人でじっくり読んでも楽しめる作品です。

    私は、ひょうきんなヒロキくん用のたらいトイレと、サーキットイレース場の広告に爆笑しました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 期待どおり

    同じ鈴木のりたけさんの「ぼくのおふろ」がとてもおもしろかったので、こちらも借りてみました。
    期待通り、とてもおもしろくて、夢中で読んでいました。
    特に絵さがしのところがいいですね。
    「ぼくのおふろ」よりも絵さがしは難しかったように思います。一緒に探していた私でもなかなか見つけられなくてドキドキしました。
    このシリーズ、まだ他にも出ているようなのでまた借りてこようと思います。
    好きなシリーズが見つかると嬉しいですね。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新すぎる

    お話もトイレも斬新です!発想が面白い!
    読後は、このトイレ面白そう、このトイレでおしっこしてみたい、でも、見られたくないなー、このトイレはちょっと〜と、親子で話が盛り上がりました。
    ほかのシリーズも読みたい!とリクエストされました。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子にオススメ

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    7歳と9歳の子供たちに読みました。
    色々なトイレを眺めるだけでなく、「けむくじゃら」を探すのも楽しかったようです。
    幼稚園児など小さい子であれば、何度も読んでとせがまれたかと思うのですが、小学生の子供たちにはトイレの話は何だか恥ずかしくもあったようで、楽しんでいたものの、一回読んだら充分でした。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまにはちがうトイレで

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いつも同じトイレ。たまには違うトイレで…と空想する男の子のお話。
    たまには違うトイレという発想は私にはありませんでしたが面白いですね。
    子どもはこんないろいろなトイレがあったら楽しいでしょう。
    トイレトレーニング中の子もこんなトイレだったら毎回喜んでいきそうだなー。
    用を足すまでに時間がかかりそうなトイレは困る気がします。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしかに面白い。
    トイレをエンターテイメントにしてしまった鈴木のりたけさんの発想力には脱帽です。
    考えたら、世界にはいろいろなトイレ事情があって、生理現象は決してこそこそするものではないかもしれません。
    でも、ほどほどで楽しまないと、問題あるかも。
    たじろいてしまった自分でした。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • めちゃめちゃはまりました!!

    この絵本は、衝撃的におもしろかったです!!
    とにかくおもしろいトイレがたくさんでてきたと思ったら、
    今度は、トイレがなくなってしまいます。
    それを盗んだゴリラを探すのですが、それが、なかなか
    難しくて、大人も楽しめる♪
    トイレがこんなに楽しく描かれてるなんて!!
    いつものトイレの時間が、きっと楽しくなります♪

    掲載日:2015/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白かった!

    同シリーズの「ぼくのおふろ」に親子ではまり,こちらも4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読んでみました。
    面白い絵本で,「とんがりあたまのけむくじゃら」を探す探し遊びもでき盛り上がりました。
    お友達に合うトイレを考えるのがよかったです。
    色々なトイレが出てきましたが,トイレなだけにどれがいいか選ぶの大変ですね(笑)。
    トイレトレーニングをしているお子さんにもいいかも知れませんね!

    掲載日:2014/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット