なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

おばかさんに乾杯」 みんなの声

おばかさんに乾杯 作:ウルフ・スタルク
絵:木村桂子
訳:石井 登志子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784338144087
評価スコア 4
評価ランキング 24,302
みんなの声 総数 1
「おばかさんに乾杯」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うれしはずかしおばかさん万歳!

    思春期の少女の破天荒なコメディですが、とてもほろ苦さも感じさせる作品でした。
    母親が新しい伴侶の家に引っ越しをします。
    その時愛犬のキルロイは行方不明に。
    登場人物がとても個性的です。
    明るさいっぱいで、シモーネにぶつかってくる母親は芸術家。
    どうもうだつの上がらない新しい父親のイングベ。
    娘のところで死にたいと病院を抜け出してきたおじいちゃんは婦人用ブーツを履いて登場。
    そして、転校先の学校で、シモーネは男の子に間違われてシモンになってしまいます。
    この時からシモーネは男の子としての役を演じようとして、ちぐはぐな行動のあれこれが騒動を引き起こします。
    中でも、隣の席になったイサクと繰り広げるドタバタ喜劇は、止まるところ知らずですが、思春期の女心が見え隠れ。
    スリリングな展開で一気に読み終えてしまいました。
    息子とならば笑い話で読めそうですが、子どもが娘ならばいっしょに笑えないかも知れません。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット