たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぺろぺろキャンディー」 みんなの声

ぺろぺろキャンディー 作:ルクサナ・カーン
絵:ソフィー・ブラッコール
訳:もりうちすみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784378041322
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 姉妹の実話がベース

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    ルビーナはお友だちのお誕生会にお呼ばれして大喜び。
    でも、お母さんはお誕生会のイメージが出来ず、妹のサナも連れて行くようにいうのです。
    ルビーナが反対したとおり、妹連れのお誕生会は散々。
    しかも翌日にはもっとひどい展開が待ち受けています。
    それでもルビーナは、サナがお誕生会に呼ばれた時、
    同じように妹のマリアムを連れて行かなければならなくて困っていたら、
    助け舟を出したのです。
    ルビーナの、姉としての心境が切々と伝わってきます。
    作者自身の姉妹の体験がベースになっているそうです。
    ということで、パキスタンからカナダに移住した一家がモデル、
    つまり、異文化ゆえ、お母さんが無理解だった訳なのです。
    魅力的なぺろぺろキャンディーが、象徴的なアイテムとなっています。
    デリケートな姉妹関係が実にリアルでした。
    と同時に、ルビーナの行動に拍手!したい読後感でした。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後は、とってもジーン!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    5歳の娘が図書館から借りてきました。

    題名と表紙の絵が気にいって借りてきた一冊のようですが、
    中身はずっとずっと深い一冊。

    妹のわがままを聞くようお母さんから命令された理不尽さ、
    年下というだけで許されてしまう妹のわがままへのいらだち、
    泣けば勝ちなのか?!とさえ思わせる、
    妹の目からぽろぽろと流れる涙へのにくらしさ、

    私自身も経験したことではありますが、
    そばにいた10歳長男も思わずやってきて、
    「ひどいよ!オレといっしょじゃん!」と、激しく同意・・・。

    やー、上の子というのはとっても我慢をしてるものなんですね。
    自身も経験したことなのに、親として反省。

    そして、でもそんな上の子だからこその心の寛容さを見せつけられ、
    最後は、とってもジーンとくるエンドに仕上がっています。

    ご兄弟のいるお子さんと親御さんに、是非読んでいただきたい一冊です!

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の姉妹を見ているよう

    素敵な絵に惹かれて手に取りました。女の子たちの洋服や、お母さんが着る民族衣装がオシャレでとっても素敵です。
    ストーリーは、表紙の絵やタイトルからはちょっと想像できない深い内容でした。姉妹ならではの、心の葛藤と成長のおはなしです。
    お姉ちゃんが誘われたお友達の誕生日会に、妹が無理矢理ついていってしまいます。お姉ちゃんの分のキャンディーも食べてしまう妹・・・まるで我が家の姉妹を見ているようでした。
    「おねえちゃんでしょ。我慢しなさい」と、私がついつい言ってしまうセリフも一緒でした。でもこのお母さんは、その姿勢を妹にもきちんと貫きます。すると姉妹の心に変化が。。。
    ラストシーンで姉妹が肩を組んで微笑む姿は、何度見ても気持ちがよいです。我が家の娘たちも、こんな風になってくれるといいな。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きです

    子供ってペロペロキャンディー大好きですよね!!子供もこの絵ほん、表紙を見て「読んでみたい」って言いました。内容は結構字数も多かったのですが、お友達の誕生会に呼ばれるって感じのお話だったので、身近に感じれて楽しかったみたいです。

    掲載日:2012/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹のいる姉にオススメ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2010年のアメリカの作品。
    作のルクサク・カーンは、パキスタン生まれで3歳のときカナダに移住した経歴があり、この話は幼い頃の経験が元になっているとのこと。

    主人公のルビーナが、学校から喜び勇んで帰ってくるシーンから始まります。
    お誕生会に呼ばれたからなのですが、ママは何故そんなことをするのか理解出来ません。
    衣装を見ればお国柄ということが一目瞭然。
    ママの国では、そんな風習はなかったということなのでしょう。
    そんな時、ルビーナの妹のサナが、
    「あたしも いくー!」と言ってききません。
    サナは呼ばれていないから連れて行けないというルビーナに対して、ママはそれはおかしいと言い、結局、お誕生会にサナを連れて行くことになってしまいます。
    サナは、お誕生会で大暴れしたので、ルビーナはその後、友達のお誕生会に呼ばれなくなるのです。
    ここまでの展開で、ママがあまりにも妹のサナの側に立つことが多く、一寸理不尽な感じもしますが、姉妹の躾ということで明確な指針を持っているからなのかも知れません。

    次の展開は、その妹のサナがお誕生会に誘われるシーン。
    今度は、ママが、サナに妹のマリヤムを連れて行くならお誕生会に行って良いと言ってききません。
    その時に助け舟を出すのが、姉のルビーナなのです。

    最後のページに
    「そのときから、わたしとサナは だいのなかよしです。」
    とあって終わるのですが、なんとも良い感じの終わり方です。
    姉妹喧嘩も、こんな収め方があるのだと、新しい気付きとなるお子さんもいることでしょう。
    読む対象は、小学校低学年以上の女の子。
    それも妹がいると、きっと感じるものがある、そんな絵本だと思います。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉ちゃん、ごめん

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    友達のお誕生会に呼ばれたルビーナが、
    お母さんに「行ってもいいでしょ!」と言ったところ。

    妹のサナが、「私も行く〜!!」と叫びます。

    呼ばれてないから、連れて行けないと断るのに、
    お母さんは「お友達に電話をして、連れて行っていいか聞きなさい。
    そうでないと、行ってはいけません」と言うんです。

    え〜、なんでお母さんは「サナ、だめよ」って言わないの??
    私も子供たちもモヤモヤでいっぱいです。

    仕方なく、お友達に了解を得てサナをお誕生会へ連れて行くハメに。
    そこでもわがまま放題のサナ。もう、大変です。
    帰ってからもお土産のお菓子も全部食べ、
    おもちゃも壊したりなくしたり。

    冷蔵庫の一番上にルビーナがお土産の赤いぺろぺろキャンディーを
    しまっておいたのに・・・朝一番に食べてしまうんです。

    怒ってサナを追いかけていたルビーナを、お母さんはその理由を
    知った後でも怒ります。サナではなくて、ルビーナを。

    う〜ん。なんで?姉ちゃんだから??
    でも、そんなにガマンさせないとダメなの??

    しかし、お母さんのこの「意図」はその後に効いてきました。

    サナが大きくなって、お誕生会に呼ばれたその時に。

    うわ〜、そうくるんだ!じわっと効いてくるんですねぇ。

    作者紹介欄で、幼い頃姉が招待された誕生パーティについていった
    経験がもとになっているとありました。
    ルクサナさん。つまりサナちゃん(笑)

    あんまり意識してないけど、姉ちゃんに迷惑かけてることって
    実はあるのかもしれませんね〜。

    何もないけど、今度謝っとこうかな〜。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット