十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あたごの浦 讃岐のおはなし」 みんなの声

あたごの浦 讃岐のおはなし 再話:脇 和子
絵:大道あや
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年
ISBN:9784834011944
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,873
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 妙妙!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子4歳、男の子2歳

    古本屋で見つけて即購入した掘り出し物ですが、決め手は何
    というか、全体的にゆるい雰囲気がとても良いんです!
    ある晩おたこや鯛さん等の魚達が陸で演芸会を始めるんです
    が、魚達はどんな芸を見ても「妙妙妙〜」とはやしたてます。
    「何でも面白いんかい!」とツッコミたくなりますが、何を
    やっても面白い雰囲気がいいなあーと感じます。
    鯛さん→ふぐの芸の連続は最強コンボでつぼにはまりました。

    最初に読んだ時に、にやにやしながら「へんな絵本〜」と
    言った娘に、「好きな絵本は?」と聞いた時に「おたこ」と
    言った息子の反応が可笑しく、2歳からでも印象に残る
    ぐらいインパクトがあったんだと思います。

    お気に入りの場面
    娘:芸を披露した後の魚達の「これどうじゃ?」
    息子:おたこ
    僕:鯛さん→ふぐの芸へつながる最強コンボ

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新鮮で良かった

    何となく味のある可愛いとはいえない絵(ごめんなさい)。「娘たちに受け入れられるのかな?」と思いながら読んだのですが、思いのほかはまっていました。

    まず方言で語られる文章が、何だか新鮮だったようで笑っていました。また、海の生き物たちがかくし芸をすることも楽しかったようです。「妙妙妙妙」という場面が何度もあるのですが、そこもとても面白かったようで、「なんだこれー」と言いながら笑っていました。

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妙に楽しい絵本です。

    魚たちが浜辺に上がって宴会を開く。
    なんとも不思議なお話です。
    タイやタコやたちが隠し芸を競いあうのも不思議な展開です。
    話はそれだけだと言ってしまうとあじけないのですが、このお話に入り込んでしまわせるのは、「…やと。」で繰り返される佐貫言葉のぬくもり。
    それから、魚たちが芸を賞賛し合う、「妙妙妙妙…」という不思議なはやし言葉。
    以前にこのお話を読み聞かせで聞いて、とても気持ち良い芳醇感を味わったことがあります。
    それを引き出したのは方言の特有なイントネーションと
    、含み聞かせるようなしみじみ感をその人が見事に演じていたからでした。
    あのレベルに憧れる、私の課題図書です。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 傑作作品!!

    聞いたことあるような・・・
    読んだことあったけ?

    と、図書館で見つけて
    借りてきました

    讃岐のおはなしーとのこと
    昔話?民話?
    「妙々々々々・・・・」って、狂言?
    と、とても出所が気になります

    香川県の高松の著者の家で、曽祖母から祖母へ
    母へ、私へと、代々語りつがれてきたもの らしいですね

    『高松今昔記』という本に「掘だめの怪談」と題して
    このお話と関係の深そうな言い伝えがある とのこと

    だから、たこがなすを食べてるんだぁ・・・とか

    絵も雰囲気がとてもいいのです
    たこの色が変わっていくのも自然

    まさか、演芸大会
    それもまさしく一発芸をしているとは
    人間達も知らないこと

    芸もさることながら
    拍手ならぬ「妙々々々々・・・・」が
    インパクトあり過ぎます

    方言も東北とは違います
    ゆるやか〜な
    なんとも和む感じがいいです

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 去り際があっさりしすぎでは?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    大分前に誰かに読んでもらった記憶がありますが、自分で読んだのは初めてです。
    結構有名な絵本なはずなので、もっとたくさんのナビのメンバーが読んでいるかと思ったら、意外と少ないのにまず、びっくりしました。

    月夜がきれいな夜の話なので、やっぱり読むのなら、月がきれいに見える時期≪秋≫に読むのが最適!ですね。
    いい作品だと思いますが、去り際がサラッと引きすぎているので、あっさりし過ぎて大きな印象に残らなかったのが残念です。
    最後にもう一つ軽いボケでもかましてほしかったな〜。

    ところで魚たちが“はやしたてた”「妙々……」って、どういう意味でしょう?讃岐弁で何か意味があるのでしょうか?
    ただの合いの手?気になります。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四国のお話

    読み聞かせの会で、知った絵本です。
    私が東北出身なので、読み聞かせの会で紹介されなければ、おそらく出会わなかったであろうと思います。

    海に囲まれた四国らしく、浜辺が舞台のお話です。
    タコや魚が、お祭り騒ぎ。
    芸まで披露しています。
    タコの「下がり藤」には、笑ってしまいました。

    漢字には振り仮名があるので、子供が自分で読むことも出来そうです。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隠し芸大会

    どんな昔話かと思ったら、魚たちの隠し芸大会の話でした。

    なぜこれが語り継がれるのか分からないくらいまったりとしたつかみ所のない話のように感じられますが、海で魚をとって暮らす人々にとっては身近な題材だったのかもしれません。

    残念ながら息子の受けはあまりよくありませんでした。もう少し事件性がある方が好みのようです。

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • タコの足

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    図書館のおはなし会で、読んでいただきました。

    9月のテーマは、お月さまや収穫で、このあたごの浦は
    海に浮かぶお月さまが素敵です。

    魚やたこなど海の仲間が色とりどりに描かれていて、
    一見地味な感じの絵本ですが、細かく描かれていますし、
    美しい作品です。

    みょうみょうと言う掛け声のところで、息子が『みょうみょう』と
    子猫のように小さな声でつぶやいていました。

    4歳以上対象の作品でしたが、小さな子供が多かったのですが、
    掛け声以外は、静かにおはなしを聞いていました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい!!

    • れーぱんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    私は方言とは無縁の、東京生まれ千葉育ちですので、
    ビミョーな発音は間違っているかもしれません。

    それでも、読んでいてとってもたのしいのです。

    そして、聞いている娘も、それはそれはたのしそうに聞いてくれます。


    一発芸をしている魚に感心して、みょうみょうみょう・・・と周りの魚たちが、はやし立てるのですが、
    このセリフ、もちろんいただきです!

    娘がお手伝いしてくれてるときとか、みょうみょうみょう・・・と言って手を叩いている私です。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んだ後に心がやんわり

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    海の静けさからにぎやかさへそして静けさへとうつりゆくようすが、読んでいる心をやわらかくしてくれます。
    ほんとに、このお話のように、だれもいない浦に魚たちがあがってきて演芸会をしているといいなあ!って、大人でも思えます。
    お魚達が、種類がちがってもみんな仲良しで、楽しいこと好きなようすが、平和を感じさせ、安堵しました。
    讃岐のおはなしということで、実際に讃岐の方に読んでもらうと、また味が出るんだろうなあって思います。

    掲載日:2009/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット