しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

津波からみんなをすくえ!」 みんなの声

津波からみんなをすくえ! 出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784894235144
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あの災害の後だから

    3月11日の大津波による大災害の後だから、とても重要に思える本でした。
    あの災害の後だから、実話をもとに小泉八雲が『生き神さま』という話を書いた話を知りました。
    『生き神さま』が教材『稲むらの火』が作成され、長い間小学校の教科書で扱われたことを知りました。
    そして『津波!!命を救った稲むらの火』を知り読みました。
    その中で釈然としていなかったことがこの本を見つけて得心できました。
    『津波!!命を救った稲むらの火』に乏しかった現実感が、この『津波からみんなをすくえ!』では、より事実に近い認識として感じられたからです。
    大地震のあとの津波。
    梧陵さんは村人を高台に逃げるように呼びかけて村を回ります。
    多くの人を救えたけれど、全員が逃げ切る前に津波は押し寄せてきたのです。
    逃げ遅れた人を招くために稲むらに火をつけて目印にします。
    その火は逃げ遅れた人々を勇気づけ、津波が去った後の行場所を教えます。

    犠牲者がなかったわけではないけれど、多くの命を救った梧陵さんはその後の津波対策に私財をなげうって堤防を作ります。
    今回の予想以上の大津波に対して堤防は完全ではありませんでした。
    しかし、この本に書かれていることがとても重要なことは痛感できます。
    この本には、津波に関する知識、対応が書かれています。

    これだけの本が津波の後ではなく、5年前に出されていることにも意味を感じました。
    多分、出版されたときに危機感を持って取り上げる人は自分自身も含め多くはなかったでしょう。
    転ばぬ先の杖のような話は、難しいと思いながら、この本を取り上げることに遅いということはないと思っています。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット