だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ようかいガマとの おイケにカエる」 みんなの声

ようかいガマとの おイケにカエる 作・絵:よしながこうたく
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784251098511
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,354
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵のインパクトに負けない内容の濃さ!

    絵のインパクトに惹かれて手に取りました。

    読んでみて、これは面白い。
    おにがガマとのに謝るところなんて、面白すぎる!
    息子は、家来のガマたちが、地面からボコボコ出てくるところがお気に入りです。

    それにしても、妖怪たちが池を作り直してあげた翌日、
    「跡形も無く消えていた」ってオチかと思いきや、
    本当に池が出来ちゃってるのがスゴイ!
    そして、それを人間が普通に埋め戻しているのがまたスゴイ!

    最後に頂いたごほうびも面白い。

    絵のインパクトに負けない内容の濃さがあります。
    ぜひ、読んでみてください!

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • インパクト大!!

    よしながさんの絵は、毎回インパクト大!
    お話も妖怪がたくさん出てくるし・・・。
    面白かったです。

    ガマとのに会ってから、家の中が妖怪屋敷になったり
    池を探しに行く途中に出てくる妖怪もリアルです。
    子供たちも、楽しく読んでいました。

    ガマとのからのお礼がせっかく隠したテストとは・・。
    最後まで笑わせてもらいました。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文句なしで笑えます

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    梅雨入りもしたので3年生の朝読の時間に読んできました。
    まず表紙のインパクトで子どもたちは興味津々。「みんなが知っている給食番長やあいさつ団長を書いたよしながこうたくさんが今度はカエルの本を書きました。」と紹介すると「あ〜」と表紙のインパクトに納得した声がもれていました。(笑)
    この本を我が家の6年生の長男に読んで聞かせると、「バカ殿」って言うやつが絶対いるな と言っていた通り、途中我慢できなかった男の子が、先生に注意されるのを恐れてか小さな声で「バカ殿」と言って、周囲の子のみクスクスと笑っていました。さすが長男、男の子の心理がわかっている!
    ちなみに長男は、最後のページ ガマとのの褒美に大うけでした。(褒美は隠しておきたかった悪い点数のテストをお母さんに届けたから)
    梅雨入りすると「イボイボガエルヒキガエル」「かようびのよる」を紹介してきましたが、この本も仲間入りしそうです。高学年でも十分楽しめる本です。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 探すのが面白い

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    生き物が好きな息子に呼んで聞かせました。
    間違い探しとか、「みっけ」とかも好きなので、物語の途中で挿絵の中から妖怪を探し、その妖怪の名前と特徴を読んで楽しんでいました。

    夢にも出てきたのか、寝言で「ママ、ようかいおもしろ〜い」って言っていました(笑)

    絵本の内容の理解できない小さい子でも妖怪を探すゲームみたいで面白いと思います。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • こ、濃い!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    わんぱく小学校シリーズが出ないな〜と思っていたら
    『ようかいガマとの』ってかなり濃いキャラのが出てました。

    学校帰りにテストを駐車場に埋めようと穴を掘っていたユウタ。
    でもなぜかその穴にはカエルが。

    ぐったりと動かないカエルを連れて帰ったユウタは
    水槽に入れてみると・・・あ、生きてる!

    しか〜しそこからが事件の始まり始まり。

    カエルはいつの間にかちょんまげ姿になって、
    『ガマ池のガマとの』と名乗り、ガマ池につれて帰れ!と
    脅されてしまうのです。

    よしながさんの妖怪画は、濃い。すっごく濃い。
    はじめは怖がっていた息子たちも、出てくる妖怪をひとつずつ
    表紙、裏表紙ウラで名前と説明を読んでいたら・・・
    「あ!つるべおとし!」とか「ここにもいる!」と
    引き込まれていきました。

    妖怪満載で、かなり濃くて怖い顔だけれど、
    最後のオチは大笑いでした。

    もしかして・・・シリーズ化もありなの?とちょっと期待です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大ヒット

    レビューを拝見し、妖怪好きの息子にオススメしたところ、見事にハマりました。
    ページの後半は妖怪だらけで知っている名前のものや初めてのものを見ては喜んでいました。
    オチもベタだけど面白く、息子はすっかりガマとのに夢中です。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • びびってました・・・。

    おばけ、妖怪の絵本が大好きな娘に、シリーズものでもあるので、
    これはいい!!と思って、手にした絵本です。
    結果からいうと、かなりびびってしまってました(笑)!!
    確かに絵が少しリアル。
    登場する人間も、かわいいという感じではなかったので、怖すぎた
    ようです。
    私的には、ストーリーも楽しめたし、表紙の裏と、裏表紙の裏にある、
    妖怪図鑑にはまりました。
    しかも、それらの妖怪が全部絵本の中に描かれているというので、
    それを見つけるのも楽しかったです♪
    もう少し大きい子向けなのかなと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども受け抜群!!

    小学校図書室で勤務していて、一番読み聞かせのリクエストが多いのがよしながこうたくさんの絵本でした。

    この絵本も、何度読んだことだろう。。

    男の子だけでなく、女の子にも人気でした。

    私自身は、絵の感じが少し苦手だったりしたんですが…

    息子がもう少し大きくなったら、一緒に読んでみたいと思います♪

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • よしながワールド全開!!

    うわぁ〜、また濃過ぎ〜(^^ゞ
    と、思いながらも
    読まずにはいられない

    じっくり読まないといけません

    よしなが作品は
    絵の迫力に負けない位
    とても内容が濃いのですもの

    なるほどねぇ・・・

    神木くん主演の映画「妖怪大戦争」が大好きで
    げげげの鬼太郎は、幼少の頃見てるし
    なんとなく
    妖怪の名前と姿は一致して覚えています(^^ゞ

    こういう妖怪ーいないかもしれないけど
    いると思ったら
    おもしろいですもの!

    ユウタくんの悪い点数のテストを
    穴に埋める所から始まるのもおもしろい
    ちゃ〜んと、最後におもしろいことがまっています(^^ゞ

    も〜すぐに、よしながワールド全開場面
    おかしくて、笑ってしまいます

    「新しい絵本って、なかなかわからなくって」
    という、読み聞かせをしている先輩方に
    これは嫌がられるかも(^^ゞと、思いながらも紹介

    1個上の先輩は、じっくり読んで
    「おかしい」「なるほど〜」「やだ〜」と同じ様な(^^ゞ反応

    ですが、年配の方は
    まずは絵の迫力と彩色、個性的過ぎる感じで
    「え〜っ(-_-;)」であります(^^ゞ

    「男の子は、喜ぶね」
    「裏表紙の図鑑みたいなので
    本文の絵でも探すんだよね、きっと」
    と、反応

    世代差があるかもしれませんが
    自然との関わりというテーマも有ると思います
    毛嫌いせずに
    じっくり読んでほしい絵本です

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖怪博士になれるかも!?

    学校帰りに赤点のテストの答案を埋めようと、駐車場で穴を掘っていたユウタは、カエルを見つけました。
    家に連れ帰り水槽に入れると、カエルは「ワシをガマ池のガマとのさまと知って、かどわかしたか!」と突然怒り出します。
    なぜか部屋の中に妖怪が見えるようになってしまったユウタに、ガマとのは「ガマ池に連れて帰らないと呪ってやるぞ」と詰め寄り…?

    かなり個性的な絵の雰囲気にひかれて手に取ったのですが、中身も濃厚で盛りだくさんな内容でした。
    とにかく出てくる妖怪の数がすごい!
    表紙裏と裏表紙の手前に、出てくる妖怪の説明が載っているのですが、数えてみるとなんと64種類もありました。
    どこにどんな妖怪が出ているのか、照らし合わせて探してみるのも楽しいかもしれませんね。

    最近なぜか妖怪に興味を持っていて、学校の図書室で妖怪図鑑や本などを借りてくる娘にはタイムリーな絵本だったようです。
    妖怪にハマってしまっても困るなぁと思うのですが、怖いもの見たさですかねー。
    私だったら、ガマとのには絶対会いたくないです(笑)

    掲載日:2012/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット