だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

子どもたちを放射能から守るために」 みんなの声

子どもたちを放射能から守るために 出版社:亜紀書房
本体価格:\952+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784750511115
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの命を守るために

    福島原発の事故の後、水道水やほうれん草にヨウ素が検出され一時騒がれました。

    「直ちに影響がない」という言葉が繰り返されましたが、本当のところはどうなのだろう?というのがとても気になり、その時から勉強を始めました。

    昨日、今まで読んだ放射能・原発・原爆関連の本を数えた三十冊を超えていました。

    現在、松本市長で現在松本市長をされている菅谷さん。

    チェルノブイリの医療に携わられたこともあり、松本市では給食の内部被ばく0を目指されているそうです。給食を心配して、松本市へ引っ越される方も多いと聞いています。

    親が子どもの命を守りたいと思う、もちろん放射能からも。それは当然の気持ちであると思います。

    それでも、スーパーで売られてるものは安全だし、放射能に気をつけようとすると、気にしすぎと言われます。

    私たちは原発のある国でありながら、何の知識も持ってきませんでした。それは自治体もしかりです。

    >食品は、安全性がはっきりしていなければ、口にする気分になりません。これは風評被害ではなく、「安全なものを食べたい」という、人として当たり前の欲求です。

    とこの本の中にはあります。

    気にしすぎと言われともすると、気持ちをわかってもらえないだけでなく、説得されてしまう私のような親にとってはとてもありがたい言葉です。

    文中の言葉には、大きくうなずける箇所が何箇所もありました。

    菅谷さんは、今、食の不安におびえる多くの母親たちの味方のような人。

    チェルノブイリのことから謙虚に学ばなくてはいけないと私も思います。

    本当のことがまだ後出し小出しにされる中、子どもたちをどうしたら守っていけるのか、一人ひとりの親が真剣に考えなくてはいけないと思います。

    そんな時に参考になる一冊だと思います。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット