しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゴールデンハート」 みんなの声

ゴールデンハート 作:ウルフ・スタルク
絵:エンクヴィスト
訳:オスターグレン 晴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年05月
ISBN:9784039672605
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「ゴールデンハート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スタルクのピュアな恋物語

    スタルクの作品を読んできた中で意外感のある作品です。
    内容は少年ルードヴィヒが一目ぼれした少女カタリーナに思いが通じるまでの、甘酸っぱい恋物語。
    カタリーナに心を奪われてしまったルードヴィヒは、何とかして自分の本心を受けれてもらいたいと、いろいろなプレゼントをします。
    それでもカタリーナはなかなかイエスと言ってくれません。
    それは、カタリーナの両親が間もなく離婚するから。
    自分にはずっと続く愛が欲しい。
    ルードヴィヒの親も離婚して、現在は母子家庭です。
    カタリーナの気持ちはわかります。
    ピアノコンテストの前にして練習に集中できないルードヴィヒは、コンクール当日に突飛な行動に出ます。
    とても映画的でロマンチックで、お話はハッピーエンド。

    この作品の意外性は、ウルフならではのサービス精神が抑えられていることです。
    一つは笑い。
    私はウルフの作品のドタバタが好きです。
    一つは背景の深堀。
    この作品では、お互いの家庭環境があまり見えてこないのです。
    最後にキーとなるメロディ。
    ルードヴィヒがコンクールで弾いた曲、カタリーナの口ずさんでいた曲は何だったのでしょうか。
    普段なら種明かししてくれているのですが。

    この作品には、じらされてしまいました。
    それだけ、二人の恋物語がストレートに描かれています。
    他の読者はどう評価するでしょうか。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット