ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

フーくんのおへそ」 みんなの声

フーくんのおへそ 作:ラモン・アラグエス
絵:フランチェスカ・ケッサ
訳:宇野 和美
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784895728256
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,529
みんなの声 総数 3
「フーくんのおへそ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんとは

    このお話は、赤ちゃんがどうして誕生するのかが描かれていました!!うちの子もたまに赤ちゃんがどこから来るの??とか聞いてきたときもあったので、この絵本はよかったです。おへそだけがなぜかリアルに見えたのが面白かったです!!

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おへそ

    フーくんのおへそを指差す絵がとても気になって選びました。

    おへそって気になるとおへそのゴマをとったりした時期って自分でもあ

    ったなあって懐かしく思いました。おへそだけ妙に目立つ画き方が気に

    なってしまった絵本でした。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子は「おへそって何?」でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最近、似たようなお話をよく読みます。
    1つ気になると同じような話や作家ばかり読んでしまうんですよね〜。
    これはおへその話です。
    スペイン出身の方が書いた文に、イタリアの方が絵をつけています。

    絵の描き方が個性的で面白いです。
    たぶん、筆の感じをみると基本的なところは油絵で描かれているんだと思うのですが、「おへそ」の部分だけ別に描かれた絵か写真をあえて、切り貼りしてありました。
    それで「おへそ」だけがググッと、印象的に見えます。

    「おへそって、どうしてあるの?」
    小さな子どもたちから一度は聞かれる質問です。
    うちの子たちも「おへそって何?」みたいなことを聞いてきたことがあります。
    ちょうど指が入るくらいの小さなへこみ、しわのところにできるゴマなど、やけに気にして“くりくり”いじる時期がありました。
    「おへそ」を気にする年頃のお子さんたちにぜひ、読んであげてみてください。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット