モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

恋のダンスステップ」 みんなの声

恋のダンスステップ 作:ウルフ・スタルク
絵:はた こうしろう
訳:菱木 晃子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784338133050
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「恋のダンスステップ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モデルは作者

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    主人公の名前は作者と同じウルフ。
    作家を目指しているとのこと。
    読んでいてこれはもしかして作者がモデル?と思いました。
    訳者あとがきで本当に作者のエピソードがもとになっていると書かれていて納得しました。
    12歳のとき、15歳のときのウルフ少年の恋のお話が2本入っています。
    この年代の男の子がリアルにかかれています。これくらいの子ってこんな感じだよねと思いながら読みました。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し危ない思春期物語

    ウルフ・スタルクの自伝的物語。
    ハラハラドキドキ面白さたっぷりなのですが、今回はヤングアダルト指定にさせていただきます。
    2編のショートストーリーは、思春期真っ只中の少年ウルフのまさに女性にあこがれる恋物語。大人として楽しんでしまいました。

    「恋のダンスステップ」
    友だちピョルネの誕生パーティに誘われたウルフ。
    あこがれのアグネッタとダンスをするために、ピョルネと猛特訓。
    男二人が抱き合ってダンス練習している様に、ピョルネの母親は爆発します。
    そして、当日やっとの思いでアグネッタとダンスすることになったウルフですが、とんでもない過ちに気づきます。
    自分は女性のステップを練習していたのです。
    いろいろあったあげく、ウルフの思いは○。

    「世界へ!」
    仲間とホームステイに出かけたイギリスの物語。
    イギリスへ向かう船で一緒になった少女ソフィーに熱を上げるウルフ。
    うまくうまく物事が進み、ソフィーの部屋を訪ねたウルフは、彼女の描いたスケッチブックをめくって最後の一枚のタイトルが「恋?その一…」で、とんでもない人物画。
    「なんだこりゃ〜!!」
    最後の最後で、ウルフの思いは×。

    女の子にあこがれる男子諸君を勇気づけ、いたわり、気分転換をさせてくれる一冊。
    おもいきり笑えるのですが。
    子どももいつの間にかそんな世代になっているかと感じました。
    出てくる曲が懐かしいので、大人の方が楽しめるかもしれません。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット