しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぼくとソラ」 みんなの声

ぼくとソラ 作:そうま こうへい
絵:浅沼 とおる
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784790252290
評価スコア 4
評価ランキング 18,975
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんでなの?

    この中に出てくる犬は14才。

    14才なのに、なんでおじいちゃんなの?と

    とても不思議がっていました。

    人間と一緒で、生きているものは歳をとり、

    いろんなことが変化していきます。

    元気だったころを知っていると、なおさら辛いですね。

    ちょっとせつないなと思いましたが、子供には、

    14才なのに、ってそればかりひっかかってるみたいでした。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    犬好きな人にはたまらない1冊かも知れませんね。

    私も我が家も犬を飼ったことはないので
    わかりませんが、もう泣けてしまいそうな
    絵本です。

    息子にも命の大切さを学んでくれたらいいなと思います。

    オススメの1冊です。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくとソラの絆

    老いていくことに向き合う絵本だと思います。
    今まで出来ていたことが出来なくなってきたソラ。それでも、ぼくはソラが大好きだし、ソラもぼくが大好きだと感じました。
    歳をとるにつれて、出来ないことがどんどん増えていきます。それは犬だけではありません。人間だって、そうです。
    そのときに、しっかり絆さえ出来ていれば、ぼくのように、ソラが大好きのままだし、ソラが出来ないことでも怒らずにあわせるようにできる優しさが育ってくると感じました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな文と絵

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子11歳、女の子9歳

    とてもシンプルな文と絵で、ぼくとソラ(犬)の日常のやりとりが描かれてます。
    そのやりとりから、ぼくのソラに対する愛情、想い、気遣いが感じられてグッときます。そしてソラの「老い」を嫌がることなく、温かく受け入れて接しているぼくに感心しました。

    私は少し物足りなさもありましたが、犬を飼いたい娘にとってはよかったようです。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬を飼っている人にはぐっとくる…

    なんてことない、男の子と犬との
    ほほえましい日常を描いた絵本ですが、
    犬を飼っているものとしては
    なんだかじわーんと心に響くのです。
    人間より寿命の短い犬。
    たっぷりと愛情をそそいで
    家族として最期までお世話をしてあげなきゃなあと
    我が家のぐうたらイヌを思い出しました。
    イヌを飼っている家庭はもちろん、
    犬が飼いたいと言い出したお子さんにも
    おすすめだと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット