なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

わたしの美しい娘」 みんなの声

わたしの美しい娘 作:ドナ・ジョー・ナポリ
訳:金原 瑞人 桑原 洋子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784591104941
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「わたしの美しい娘」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃のラプンツェル

    あの『ラプンツェル』を好きな人にはたまらない物語です。
    ラプンツェルは魔女にどのように育てられたのでしょうか?
    魔女はどんな女だったのでしょうか?
    グリム童話では、登場人物のキャラクターまでは深堀されていなかった。
    この『わたしの美しい娘』は、『ラプンツェル』の物語をベースにして、このように考えられるのではないかと、一つの仮定から構成されています。
    『ラプンツェル』の登場人物である、魔女とラプンツェルと王子にスポットをあて、それぞれの視点から物語を語る章を作り、絡み合うように物語を築き上げています。
    それが、生活感、重量感、人間味を持って語られ、すごく説得力を持っているのです。

    物語は、ツェルという娘と母親の物語として始まります。
    立ち寄った町でツェルが知り合った男がコンラッドという王子。
    母親の異常なまでの独占愛により、ツェルはコンラッドへのあこがれを断ち切られ、塔に幽閉されてしまいます。
    それでもツェルにとって、母親は自分を守る愛すべき存在だったのです。
    その母親に、自分の父親や生い立ちのことを訪ねても答えは返ってこない。
    実は、母親と思っていたのは、ラプンツェルというレタスと引き換えに、やっと子どもを授かった夫婦から赤ん坊を奪い取った不妊症の女。
    不妊症の女の赤ん坊欲しさは、決して絵空事ではない。
    純粋に母とおもった女を慕うツェルに、これ以上ない裏切り。

    原作の『ラプンツェル』を知っている人には、納得できる物語が展開します。
    あのラプンツェルは塔の中でどのような生活をしていたのだろう。
    狭いところに閉じ込められていたら精神的にも疲労します。
    生活していればいろいろなことがあります。
    そうだよな〜、そうだよね〜という感じで読み終えて、感慨深いものが残りました。

    この物語を象徴するのが、石を抱くカモでしょうか。
    ツェルはカモのために本当の卵を置いてやりましたが、カモはその卵は割ってしまって、石を抱き続けるのです。

    ドナ・ジョー・ナポリは童話をベースに、様々な作品を書き続けている作家だそうです。
    他の作品も読んでみたいのですが、入手は難しそうです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット