あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

アハメドくんのいのちのリレー」 みんなの声

アハメドくんのいのちのリレー 絵:あんどう としひこ
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784087814712
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 国を越えた命のバトン

    紛争の絶えないパレスチナ自治区。
    友人のパーティに向かう12歳の少年がイスラエル兵の誤射で命を落としました。
    少年がおもちゃの銃を持っていたから間違えたのだと、目撃者の嘘が報道されました。
    真実は分からない。
    けれど、何の罪もない少年を殺してしまうことが、イスラエルとパレスチナの間では続いています。
    この本は、殺された少年アハメドくんが脳死状態の時に、父親の決断で臓器移植されたことを基に、国を越えた命のバトンを描いています。
    アハメドくんの心臓は、敵国であるイスラエルの12歳の少女に移植されたのです。
    いがみ合う分離壁越しの命のバトンは心のバトンでもありました。
    移植を受けた少女は、感謝と愛をもってアハメドくんを思い続けています。
    アハメドくんの父親を第2の父親と思っています。
    自身が捨て子だったという鎌田實さんは、自分の命は育ての親に拾われてつながったのだと感じています。
    その感謝の気持ちが、新聞に掲載されたアハメドくんの記事を見て、書かずにいられなくなったのだといいます。
    子供向けに書かれたこの本は絵本として、子どもたちへのメッセージとして平和の願いを訴えています。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 命と一緒に心もつながるといいね。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    このお話を読むためには、まず、イスラエル×パレスチナで起きていることを知らなければなりません。
    実をいうと私自身紛争が続いていることはニュースで知っていましたが、こういう本に出会うまで、結局原因がなんなのか、なぜそんなにも近隣の民族同士が争うわなくてはいけないのか?(しかも根っこは同じ民族同士である可能性があるのに)正直分かりませんでしたし、知ろうともしませんでした。

    「知らない」ということは罪なのだと過去の偉人哲学者のソクラテスもいっていましたが、まさにその通りだとこの本を読んだ後、つくづく思いました。

    ストーリー自体は実際起きたことを国際的な医療ボランティアをされている日本の医師::鎌田實氏が書いている児童書で、
    とても簡潔で分かり易く描かれています。
    決して難しいことなど一つもないのですが、
    こういうことを「知らなかった」自分が情けないなぁと、思いました。

    さて、お話はイスラエル×パレスチナの紛争地域でアハメド君というパレスチナ人の12歳の少年が買い物に出た街中で、イスラエル兵に頭を撃たれたことから始まります。
    脳死してしまったアハメド君ですが、幸い臓器は問題ありませんでした。そこで、アハメド君のお父さんは治療した医師団から、《臓器提供》の説明を受けます。

    「提供する側が移植相手を選ぶことはできません。
    国籍も、民族も、宗教も選べない。
    パレスチナ人かもしれないが、イスラエル人かもしれない。イスラム教徒ではなくキリスト教徒やユダヤ教徒かもしれない。」

    実際のところ、本当にこういう言い方をしたかはわかりませんが、その説明にお父さんは納得し、悩んだ末、「息子の臓器意を使ってくれ」と返答するのです。
    同じ子どもを持つ親として、目の前に自分の子どもが死んでいるのに、その子の臓器を取り出すなんて、それで誰かが救えると頭で分かっていても、なかなか「Yes」と、言えるものではないと思いました。
    このお父さんには頭が下がります。

    その後、この本の著者鎌田医師がアハメド君のお父さんを訪ねたことで、お父さんはアハメド君の心臓をもらって元気になったイスラエルの小さな村の女の子に会いに行くことができました。
    女の子の家族や村はイスラムでも少数派らしく、村をあげてアハメド君に感謝をしているそうです。
    このあたりのシーンはほんとにジーンとくるものがありました。
    ぜひぜひ、いろんな人たちに読んでもらいたい1冊です。
    特に国際社会や医療に興味のある子どもたちにはお薦めです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット