なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いのちの ふね」 みんなの声

いのちの ふね 作:鈴木 まもる
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784061324824
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,380
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心洗われる透明感

    誰にでも訪れる死。
    世界中で、人間も動物も…。
    そして悲しみの向こうに「いのちのふね」があるという発想はとても救いです。
    死んだものを包み込み、死んだものを解放する「いのちのふね」。
    死んだものがまた新しい生命として戻ってくる、輪廻観のお話ですが、とても心泡われる話です。
    悲しみの向こうには解放があるのだと考えると、どれだけ人は救われることでしょう。
    雲の中でゆったりと椅子に座って本を読んでいるおじいちゃん。
    ブランコに揺られているおばあちゃん。
    二人の笑顔がとても素敵でした。
    死んだものたちが、みんなで共存している世界も素晴らしいと思います。

    今年、3月11日、とても悲しいことがあって、多くの人たちが「いのちのふね」に乗りました。
    せめて亡くなられた方々が平安でありますように。
    20年前に書かれたお話とのことですが、現在において、とても意味深い作品です。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • しあわせそうなおばあちゃん

    • サンフラワーさん
    • 40代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子17歳、女の子12歳

    亡くなったひとたちが空に上がっていきいのちのふねに乗ります。そして生まれる子たちは いのちのふねから鳥が運んできます。
    亡くなった人たちがたくさん空に上がっていく絵を見たら震災のことが思い出されて涙が出そうになりました。そのあと空で好きなことをしているおばあちゃんのかおはしあわせそうで安心しました。
    最後には新しい命の誕生で明るい気持ちになれます。
    一人で黙読しましたが読み終わって「ふぅーーーーーっ。」となぜか深い息が出てしまいました。
    いい新刊を見つけられたという手ごたえを感じました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大好きな祖母(101歳)との別れ

    • RAFITさん
    • 40代
    • その他の方
    • 熊本県
    • 女の子15歳、男の子8歳

    2月に他界した子供の頃から、大好きだった祖母。
    少しづつ、命の力が弱くなる様子を前にして、切なかった時に出会った本です。

    本屋さんで見たときには その場で泣いてしまいました。
    何度読んでも、泣いていたのですが、段々とその涙の意味が変わっていくのが分かりました。

    今ではこの本を読むことで、祖母の様子を想像して、楽しくなってきます。

    本当に大切な1冊です。
    この本に出会ったことで 命を伝える 絵本らいぶを開催したりもしました。

    子ども達にも、大人にも 素敵な本だと思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  •  「せんろはつづく」・「あかちゃんたいそう」等の作風とは異なる鈴木先生の作品だと思いました。
     やはり、今年はたくさんの方々が身近な愛する人を失った年だと思います。
     命を絶たれた方の無念さ・残された方の置き所のない心、そういうものが昇華される作品だと思います。

     読んでいて、この世で死に別れてしまった私の家族・友人・知人へ想いを馳せ、きっとこうであって欲しい、いえ、こうであるに違いないと思いました。

     この世で出会う縁を大切に、そして共に生きる時間を尊いものとしてこれからも生きていきたいと思います。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「新しい命はこうやってやってくるんだよ♪」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    この作品を読んだ後に、ナビの皆さんのレビューを読んで「あれ?これって“死と再生”の物語だったの?」と、思った自分にビックリしました。
    確かに皆さんの感想を読むとそういう作品なんです。
    なのに「あれ?」と、思った自分は読了後に「新しい“いのち”はこうやってくるんだよ♪」という作品だと感じていたんです。
    言ってることは同じだけど、私はこの作品で《死》を感じなかったんです。
    不思議です。

    うちの子が小さい時、よく「わたしは雲のうえでママを見つけて、ママのおなかにきたんだよ」って、ホントなのか創作なのか…言ってたせいですかね〜。

    青い空の世界もすごくいいです。
    でも、私はラストの2ページがすごく好き!
    とってもとっても幸せな気持ちになれる絵本です。

    小学校高学年くらいから中学生、高校生くらいにお薦めです。
    そしてこの作品を読んだ後には児童書の「青空のむこう(アレックス・シラー:作)」も合せてどうぞ。
    “空の世界”の印象がとても似ているので、この作品がお好きな方にはお薦めです。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージが膨らむ絵本

    小2の子供が夜になると「死」について考え込むようになりがちになったのをきっかけに「死」をテーマにした絵本を探して辿りつきました。
    まだ実際に子供には読んでいませんが、読み時を選んで是非読んであげたいと思った一冊です。

    表紙の雰囲気そのままの透明感のある絵柄で、死と再生について穏やかに綴られています。
    今の子供には輪廻転生ということでは納得できないこだわりのようなものを感じていて、もう少し根本的なところでの「死」を伝えるべきなのかとも思って絵本探しをしていました。
    でも、こういうものも1つの考え方として捉えるのもまたいいと思わせてくれる絵本でした。
    私と一緒にぼ〜っと空の雲を眺めるのが好きなこともあり、いいイメージを持って「死」を考えることができるかもと感じました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「死」について考える

    「死」と向き合う絵本です。
    死んだらどうなるのか、よく子どもに聞かれることがあります。でも、その答えは、大人にもわかりません。だれにもわからないことなのだと思います。100人いたら、100人の答えがあります。
    この絵本は、その答えの中の一つだと思います。
    「輪廻」という考え方が、すっと自然に心の中に入ってくる絵本だと思います。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • めぐりめぐる命

    生と死が、テーマになっている絵本のようです。
    美しい絵ですね。
    透明感があって、お話のイメージにあっていたと思います。
    亡くなった命の先が、描かれています。
    空想・ファンタジーだとはわかっていますが、「こうであって欲しい」と願わずにはいられないのは、私達、生きている者の願いなのでしょう。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「死」と「生」のメッセージ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    鈴木さんの作品というと
    電車とか、ねこちゃんやあかちゃんという
    かわいらしいイメージ

    この絵本の
    あとがきから読んで
    「鳥の巣」の研究\(◎o◎)/!

    なんとも不思議だなぁ・・・と思いながら
    じっくり読ませていただきました

    きれいな水色の表紙
    夜?群青色から、青に

    死生観まではいかなくても
    身近な死に接した時に
    救われる内容のように感じました

    「生」と「死」は繋がっているんだなぁ・・・
    「死」は怖いものではない・・・
    というメッセージがあるように
    感じました

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事な役割

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    「いのち」は永遠に続くもの・・・それを絵本で表現するとこんな感じになるのでしょう
    小さな子供もにもわかりやすく描かれていると思います
    「いのち」そのものが目には見えない、透明感のある幻想的な絵が印象に残ります
    この世に生まれてくるすべての生き物が、大事な役割を持っているんだと信じられます
    大事に読みたい絵本です

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / がたん ごとん がたん ごとん / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット