十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ゆきがふるよ、ムーミントロール(ムーミンのおはなしえほん)」 みんなの声

ゆきがふるよ、ムーミントロール(ムーミンのおはなしえほん) 絵:トーベ・ヤンソン ラルス・ヤンソン
訳:当麻 ゆか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年10月31日
ISBN:9784198632625
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しい絵本です!

    ムーミンをよく知らない娘のために(そういう世代じゃないですものね)
    図書館から借りてきたのですが、素敵!「欲しいものリスト」の中に
    入れました。何が素敵って、色合いが素敵なのです。
    私がむかーしから持っている「カラーテレビ版ムーミン名作絵ばなし」
    とは全く違います(こちらはこちらでレトロで味わい深くもあるのですが)。
    なんだろう?北欧ってきっとこんな色味なんだろうなって感じなのです。
    北欧の冷たい空気の匂いが漂ってきそう。
    ムーミンパパは、このご時世のせいか、もうパイプはくわえていない
    ようです。それからフローレン・・ノンノンじゃないんですね。
    ・・実は私は、ムーミンのことをずうううっとカバだと思っておりました。
    妖精だったのか!「トロールっていうくらいだもの」と夫に言われ
    納得した次第です。
    物語もいいお話だったなあ。旅人であるスナフキンは元々好きだった
    のですが、粋です。あのお手紙と小さなプレゼント!いっそう惚れました。
    娘はミイがおもしろいと言って喜んでいました。うーん、いい趣味してるわ(笑)。フィンランドにも行きたくなります。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • お互いを大切に想う気持ち

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    冷たい風がムーミン谷を吹きぬけた朝。
    ムーミントロールはなんだか寂しくて変な感じがしました。
    友達のスナフキンの所へ行くと、もうすぐ南に向かって旅に出るよとスナフキンに言われます。
    「春の一番はじめの日にはかえってくるよ」と言って旅立って行ったスナフキン。
    ムーミントロールは寂しくて寂しくて仕方ありませんが…。

    スナフキンとムーミントロール、離れていてもお互いを大切に想う気持ちが
    とても素敵なお話でした。

    子供たちはムーミンが「ピーホー!」というのが面白かったようで、
    なにかあると「ピーホー!」と言っていました。

    このシリーズは、とても読みやすくオススメです(^^)。
    両見返しも可愛らしくて大好きです♪

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • またあえるよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ムーミン谷にも冬が近づいてきてスナフキンが谷を去ります。
    さびしがるムーミンは本当にスナフキンが大好きなんだなと思いました。
    ムーミンが一方的に好いているわけではなくて、スナフキンもムーミンを大事な友達だと思っていることが分かります。そうよねー。
    娘はムーミンが好きなようで何度も読んでいます。
    冬眠ってなーに?と聞いてきたり、ミイに注目していたり、いろいろと楽しんでいるようです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠するんだ!

    「ムーミン」という言葉とキャラクターだけは知っている娘に、読んでみました。
    表紙を見せたら「ムーミン」と喜んでくれました。
    キラキラと光る表紙も、お気に入りの様子です。
    それにしても、ムーミンって冬眠するんですね。初めて知りました。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北欧の秋から冬の景色

    キャラクターとしてはよく知っているけれど、今までおはなしは読んだことがなかったムーミンの世界。小さい子でも楽しめるムーミンの絵本があると知って、気軽に読み始めるのチャンスと思い、子どもたちと一緒に何冊か揃えて読んでいます。
    こちらの「ムーミンのおはなしえほんシリーズ」は、美しい色の挿絵と凝った装丁が魅力かなと思います。表紙は少し浮き上がった部分が、光の加減でキラキラと光ってきれいです。見返し部分もかわいいキャラクターが並んで、このままテキスタイルになりそうです。
    特に、この『ゆきがふるよ、〜』は、自分の北欧の秋から冬のイメージにぴったりな色使いでした。ちょっと寂しい雰囲気の景色とは対照的に、ムーミン谷に住む人たちが、キレイな色のマフラーや洋服を身に付いてるのも、おしゃれで素敵です。北欧の人たちは、こんな風に長い冬を過ごして春を待つのかな。と読みながら遠い国に思いを馳せたりしました。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムーミンの冬

     ムーミンの絵本はたくさんありますが、やっぱりムーミンの表紙を見つけると、なんどでも手にとってしまいます。この絵本は、かわいいバージョンのムーミンです。原画のムーミンは、ちょっとこわい感じがするのですが、私も子供も原画のほうが好きです。でも、小さな子には、かわいいこのタイプの絵がぴったりだと思います。

     ムーミンの体型や性格って、ほんとにほのぼのします。おなじみのスナフキンやミイも色あせませんね。
     これからの季節にぴったりのお話です。大人も童心にかえって楽しめます。

    掲載日:2012/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット