だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

教会ねずみとのんきなねこの メリークリスマス!」 みんなの声

教会ねずみとのんきなねこの メリークリスマス! 作・絵:グレアム・オークリー
訳:三原 泉
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月31日
ISBN:9784198632632
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • サムソンとアーサーとみんなのクリスマス

    ネズミのアーサーは、実にいろいろなことを思いつきます。
    トラ猫のサムソンはいつもどおり、ちょっとのんびりです。
    こののんびりさ、ぼっとしているところがまたかわいいんです。
    トナカイの役をさせられているところなんかものすごくかわいいです。
    いろいろありましたが、またまた泥棒退治で、素晴らしいクリスマスの
    プレゼント獲得です。
    いつもながら丁寧な絵がすごいです。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいクリスマス

    楽しいクリスマスストーリーです。
    クリスマスパーティーを開くための、教会ねずみたちのドタバタ活劇ですが、ハラハラドキドキ、スピード感があって転回に引き込まれてしまいました。
    ねこさんのまったりした存在と、こぜわしいねずみたちとの絡みが楽しいと思いました。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタクロースを待っている

    シリーズ作品ということですが、クリスマスのお話を初めて読みました。
    ねずみの知恵(?)には、驚いたりあきれたりしてました。
    印象に残ったのは、美しい絵です。
    イギリスのクリスマスって、こんなにも綺麗なのでしょうね。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみにやさしい猫は今宵、トナカイになる

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    作者はイギリスの絵本作家さんです。
    前作があるらしいのですが、私は図書館の「クリスマスコーナー」でこの絵本に出会ったので、シリーズとしては初めて読みました。
    なので、なぜ、この猫のサムソンとねずみのアーサーたちが教会で仲良く暮らしているのか知りません。
    (近いうちに前作を見つけて読みたいです)
    物知らずだけど、好奇心旺盛なねずみたちを、マイペースでゆったりとサポートしている猫のサムソンが、すごくいい味でてました。
    特に、ねずみたちのために嫌がりもせずトナカイ役をやってあげるところが、なんとも言えず可愛かったです。

    人間たちの世界と動物たちの世界がいい感じに交じり合っています。
    この世界観が物語全体に暖かいものを見せてくれている気がします。
    クリスマスシーズンの時期に、4,5歳くらいのお子さんから小学校高学年くらいのお子さんにお薦めします。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わぬサンタが登場!

    教会ねずみたちはパーティをしたいあまりに教会ねこをくじで売ろうとしたり、歌ったりと、いろいろ頑張ります。でもお金が作れず、しょんぼり。せめてサンタの服を着てお菓子を配ろうとしますが、、、、そこで会ったのは泥棒サンタ。そのお礼に、おまわりさんがサンタ服でプレゼントをくれます。

    ちょっとブラックユーモアがきいていて、クリスマスにおすすめの絵本です。娘は泥棒サンタをみて「ブラックサンタだ!」と言っていました。悪い奴だということは分かるようです。新年まで頂き物を持ち越すあたり、なんとなく雰囲気が出ていて素敵です。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみとねこのクリスマス騒動

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    何とも印象的な表紙です。
    リアルなねことねずみたち、そして、オーナメントに映るサンタクロース!
    さあ、一体どんなストーリーなのでしょうか?
    教会に住むねずみアーサーとハンフリー、そしてねこのサムソンが主人公です。
    クリスマスが近づき、クリスマスパーティーにあこがれたアーサーたちは、
    パーティー資金を捻出するため、あれこれ画策するのです。
    そこへのんきなねこサムソンも巻き込まれるという次第。
    とてもリアルな絵が臨場感たっぷりです。
    ハプニング、逃走劇、なんとスリリングなクリスマスでしょう。
    しかも、偽者のサンタクロースも加わって、てんやわんや。
    でもなぜかしらめでたしのラストへ急展開なのです。
    細かく描写された数々のクリスマスシーン、それぞれのシーンのアングル、
    ねずみの群像などが圧巻です。
    とりわけ、お人よしのサムソンの独特の表情がたまりません。
    なるほど、この面々のクリスマスにぴったりなストーリーでした。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  •  「教会ねずみとのんきなねこ」の後、すぐこちらを読みました。
     
     教会に住むねこのサムソンとねずみのアーサーと仲間たち。
     クリスマスを前に、パーティーをする為の資金作りのため考えるアーサー。
     くじ引きの商品にされるサムソン。 
     もう〜、サムソンはアーサーに振り回されちゃって〜って思ったら、さすがねこちゃん。
     マイペースで、しっかり自分のポジションを守っちゃうんですね〜。
     さて、資金の為の次の作戦に出たアーサーたちでしたが、・・・。
     
     思うようなパーティーは開けそうもないけれど、予定変更で教会への移動の途中、サンタさんに出会い、・・・。

     この後の思わぬ展開にフフフ。
     そして、粋なお巡りさんの計らいで、サムソン&アーサーたちに素敵なクリスマスが、・・・。

     サンタさんを迎える為のアーサーたちの準備がとにかく健気です。
     ウェルカムバナーを立てたねずみさんたちと、お尻をこちらにド〜ンと向けたサムソンがの様子が愉快愉快!そして、可愛い〜♪

     あったか〜〜〜い、ハッピーなクリスマスのお話です。

     “読む”ことが楽しくなってきたお子さんに、前作と合わせてクリスマスプレゼントに如何でしょうか。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット