たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ルビーのねがい」 みんなの声

ルビーのねがい 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\750+税
発行日:2003年07月
ISBN:9784577026854
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「ルビーのねがい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 成長するルビー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    アンパンマンのお話は
    なんてたくさんの大事な要素が凝縮しているのだろうと
    感心してしまいます。
    わがままをするルビーが
    相手の気持ちを感じることができるまで
    その成長が読んでいても感じることができてうれしくなります。

    5歳のむすこ、まだまだアンパンマンだいすきです。

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのための願い

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    映画の原作のこのシリーズ、
    我が家では映画を見た後に読むことが多いのですが、
    このお話は絵本で初めて触れました。

    オーロラ娘達の仕事は、オーロラに様々な色を付けること。
    でもルビーはそれが不満で、ある日全部自分の赤い色に塗ってしまいます。
    (こういう強い自己主張・自己顕示欲ゆえのワガママ、
     『だだんだんとふたごの星』のキララにそっくりです^^)
    罰を受けたルビーは、許されるために、
    どんな願いも叶える“オーロラのしずく”という石を探します。

    タイトルにもある『ルビーのねがい』。
    当初は“オーロラ娘に戻ること”でしたが、
    アンパンマン達の危機に、ルビーが叫んだ願いは、
    “鳥の姿になること”。
    アンパンマン達を助けることでした。

    このお話のテーマは“誰の心にも勇気が備わっている”ということと、
    “自己犠牲”であると読み解きました。

    自己犠牲を伴っても、アンパンマンの顔はちゃーんと戻りますし、
    ルビーも最後にはオーロラ娘に戻ることが出来ます。
    『花さき山』のような自己犠牲は、尊いながら非常に切ないものがありますが、
    アンパンマンは安心して読めます。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット