十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

昭和二十年八さいの日記」 みんなの声

昭和二十年八さいの日記 作:佐木 隆三
絵:黒田 征太郎
出版社:石風社
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784883441969
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これが八歳の日記と考えると、何ともリアル。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    絵も言葉もシンプルで少ないですが、じわじわと迫り来るものがあります。リンゴの歌って、戦後の日本を明るく勇気付ける歌とは聞いていましたが、この歌一つで日本が元気になれればどんなに楽だっただろうか…。戦争の残した爪痕はそれ以上だよな…。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軍国少年が見た広島原爆

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    佐木隆三さんの少年時代の回想記となっています。
    昭和20年、8歳の軍国少年は、「国のために命をささげます」などと記しています。
    でも、戦況が悪化する中、広島原爆の日を迎えます。
    爆心地から50キロほど離れただけの地で、
    キノコ雲を目撃し、親戚が行方不明、身近な人が火傷の手当てに奔走したり、
    山積みの死体を焼く任務だったり。
    そんな経験から、軍国少年は命の大切さを実感するのです。
    淡々とした事実が重いですが、やはり何よりのメッセージです。
    原発事故後に出版されたということもあり、
    「原子力をコントロールする力はヒトにはないはずである。」という
    あとがきの黒田征太郎さんの言葉も心に留めたいです。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦中派のための絵本

    佐木隆三といえば、ルポルタージュや小説で社会の病巣をえぐり続けるという、どちらかというとハードタイプの作家だと思っていたので、絵本との結びつきがよく分からなかったのですが、この絵本を見て、これは佐木さんの記憶そのものだと理解しました。
    楽しい絵本でも、解りやすい絵本でもないのですが、いかにも佐木さん的な絵本。
    朝鮮で生まれた佐木さんが、父親が海軍に召集されたために父親の郷里の広島に戻り、体験した広島の原爆。
    軍国少年として育った佐木さんの思想崩壊と現実が語られています。
    こんなとき黒田征太郎さんの絵は、佐木さんの心象風景をえぐるような表現で、残酷さも感じました。
    伝えようとしていることがはっきりしているだけに、話の固さは絵本をとても重いものにしています。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット