モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ココロ屋」 みんなの声

ココロ屋 作:梨屋 アリエ
絵:菅野 由貴子
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784580821347
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こころを自由に入れ替えられる!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    先生に叱られたり、友達にいらいらしたり。自分のこころに不満があるひろき。こころを自由に入れ替えられるというココロ屋で文字通りこころを入れ替えますが…。
    やさしいココロではノーが言えなくて、すなおなココロでは言わなくていいことまで言ってしまって、となかなかうまくいきません。
    こころもからだと同じで成長するもの。いいこころをどんどんつくっていってね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いくつになっても

    ”たしかな形はないものなのに、あたたかくなったり痛くなったりします。こころって本当に不思議です。”   と あとがきにあります。

    本当に不思議です。
    60歳は 全部60歳のこころ ではなくて、 5歳のこころも 12歳のこころも 20歳の心も ・・・・・・・みんな持っているのです。
    私の場合 小さいころのこころ、思いは  時間とともに 淡く なっては来ましたが 身体の変化ほど 変化しませんでした。
    それって成長していないことだと 言われそうですが、80歳代、90歳代の方たちのお話を聞いていて、皆さんの中に 5歳の 20歳のこころがあることを感じます。
    そして こころの在り様が その方の まなざし 振る舞いになっているのだと感じます。

    『 じょうずに育てていけば、美しくてすばらしいココロにかわるかもしれません。』 

    ココロの栄養になる たくさんの本と出会って いろいろな本と仲良しに なってくれるといいなぁ。

    掲載日:2015/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本を読んで、「自分の気持ち(ココロ)ってとっても大切なものなんだよ」ってことがわかってくれたらいいなと思って選びました。子供は、主人公のひろきくんと自分が共通する点があるようで、ひろきくんの行動に共感しながら、読んでいました。ココロは単純じゃなくて、たくさんのココロがあるからいいってこと、わかっているようです。いつの間にかココロが成長してるんだなぁって気付かされました。

    掲載日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ココロ」って、「心」のことかな?
    と、ポップな感じの表紙ですが
    気になって図書館から
    借りてきました

    よくある教室の場面から
    始まります
    わかるわかる
    自分は、悪くない!!
    でも・・・
    どうして、自分だけ注意されるのか
    そこで、また怒りが倍増するんでしょうね

    わかってもらいたいけど
    わかってもらえない
    伝えたいけど
    伝えられない
    そんなもどかしさが
    小学生にはあると思われます

    「ココロを入れ替えなさい」と
    みか先生に叱られます

    そして、その通りに!!

    「ココロ屋」のおじさんの言うことが
    なんとも的を得ています

    そして
    「やさしい」「素直」「あたたかい」ココロと
    取り替えて
    いろいろ経験して
    気付いていくのです

    これは、すごい!

    「成長」って
    こういう気付きのことなのかな?

    とても、現実とマッチしているように思います

    心の病気になってしまうって
    こういうことなのかも・・・
    自分の心はこれでいいんだ!
    自分で成長させればいいんだ!

    いろいろ気付かされます

    なんと!
    2012年度全国読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書
    そうでしたか!
    いいなぁ〜
    こういう本が課題図書で(^^ゞ

    是非、親御さんにも読んでほしいです

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなちがって、みんないい

    友達とケンカして、また先生に怒られてしまったぼく。
    いつもそう。急に腹が立ったり、イライラしたり、友達と衝突して先生に叱られてしまう。
    自分が悪かったってことはわかっているのに――。
    「しっかり反省して、ココロを入れかえなさい!」
    先生にそう注意され教室を飛び出したぼくの前に、不思議なドアが現れます。
    それは、『ココロ屋』へと続く扉。
    カウンターの向こうの主人、ウツロイ博士がにっこり笑いました。
    「さて、どのココロと取りかえましょうか」

    ココロを取り替えるという発想が面白い!
    子供ならみんな、自分が悪いとわかっていても自分をうまくコントロールできないもの。
    それが大人と違うところでもあり、子供らしいところ。当たり前ですよね。
    そんな子供の心情がうまく表現されているお話だなぁと思いました。

    『ぼく』はいろんなココロと自分のココロを取り替えますが、なかなか自分にぴったり合うものが見つかりません。
    本を読んでいて、金子みすずさんの『わたしと小鳥とすずと』という詩の一部を思い出しました。
    「みんなちがって、みんないい」
    自分自身を認めてあげること、とっても大切なことですよね。

    我が家の兄妹にも「面白かった」と好評な幼年童話でした。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくのココロ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳、

    2012年度全国読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
    ココロを入れかえなさい。
    先生に叱られたぼくは納得がいかないのです。
    反省するところはあるけど、ぼくにだって正論があるのです。
    やりきれなくて教室を飛び出したぼくの前に現れたのは、
    「ココロ屋」の扉。
    ココロを取り替えてくれるというお店の主人の言葉を信じ、
    ぼくはいろいろとココロを取り替えてみるのです。
    やさしいココロ、すなおなココロ、あたたかいココロ・・・。
    どれも良さそうなのですが、ぼくは意外なことを発見します。
    自分の心の不完全さを持て余すことは、誰にでもあることです。
    そのあたりをキュッとつかむ展開は素敵です。
    さらには、周りの人たちが理想として語る、優しさ、素直さ、温かさの意外な弱点にも気付かせてくれます。
    これは大人にとっても考えさせられる視点です。
    自分自身に、子どもたちに、暗黙に強要する心の有様について、
    冷静に考えさせられます。
    だからこそ、ラストで語られるぼくの結論がそれはそれは素敵です。
    あらゆる世代の方に読んででほしい作品だと思いました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめです

    私が読んでも面白かった。
    息子も一気に読み終えました。

    もし自分の心を入れ替えられたら・・・
     そんな疑似体験ができる本です。

    こころ屋での出来事はファンタジーな世界
    心を入れ替えて起きる出来事はリアリティがある世界

     目に見えない心
     心って複雑だけど・・・
    そんな部分をすごくわかりやすく、そしてインパクトあるストーリーで気に入りました。

    息子の感想は「優しいだけじゃダメなんだ!」でした。
    なんだかちょっと成長したんじゃないって思えました

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分を再発見

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ひろきはみんなに好かれるように自分の心を変えたいと思っていたところに現れたのが「ココロ屋」
    研究して作られてという「やさしいココロ」に飛びついた!
    これですべてうまくいくはずが・・・・

    作者がまだ小さかったころに思いついたお話だといいます
    こんな風に自分の心を入れ替えることができたらと・・・

    第三者的に自分を振り返ることで、かえって自分を再発見できることってあるんだと思います
    小学校中学年程度が読むのに良いでしょうか

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / りんごがたべたいねずみくん / ぐりとぐらのかいすいよく / おばけのバーバパパ / ルドルフとイッパイアッテナ / りゆうがあります

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット