あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

車いすのカーくん、海にもぐる 障害者ダイビングの世界 」 みんなの声

 車いすのカーくん、海にもぐる 障害者ダイビングの世界 作:丘 修三
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784333022175
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 丘修三の体当たりノンフィクション

    障害を持った人たちが集まるダイビングスクールがあることをこの本で知りました。
    私自身が海に潜ることなど考えたことすら考えたことはないのですが、地上では車イスでの生活をする人や、体を動かすことも不自由な人が、水中では身軽に動くことができるのだそうです。
    本当のバリアフリー。
    そして、海中の生物を見ていると、開放感と充実感を味わうことができるのです。

    障碍者に対して温かい目を向けた物語を数多く書いている丘修三さん。
    自身も内臓障害を持っている丘さんが、自らもダイビング体験をして取り組んだノンフィクション。
    決して若くない丘さんのその意欲に、完全に脱帽です。

    生まれながらに障害をもつカーくんが、スキューバーダイビングに挑戦します。
    どちらかというと身体が弱くて消極的だったカーくんが、自ら決めた挑戦です。
    丘さんは、フィクションではなく、事実としてのカーくんの取り組みを書き記します。

    素晴らしい意外性です。
    そして、この本に描かれている誰もが主人公だと思います。
    インストラクターの椎名さんにしても、スキーの事故で歩行が不自由な人でした。
    健常者を圧倒する、パワーあふれるノンフィクションでした。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット