モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

義経と弁慶」 みんなの声

義経と弁慶 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784591086186
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二人の信頼関係が描かれる

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    小学校2年生の長男が弁慶に興味を持っていたのでいくつか関連する絵本を借りてきた中の1冊です。でも4歳の次男の方が気に入ってしまい、次男に読み聞かせました。

    この本と同じ著者、画家の組み合わせで、『弁慶』という絵本もあります。そちらは弁慶に焦点を当てたものでしたが、こちらは義経と弁慶の関係を描いた別の絵本になっています。絵が版画でとても迫力があります。

    最初は義経の幼少期の話ですが、義経が平泉から都に戻って弁慶に出会う場面からは弁慶の生い立ちも説明されています。そのため、あまり小さい子には理解しにくいと思います。数々の戦が描かれた後、最後は弁慶の立ち往生です。

    話の全体を理解するには小学校中学年以上でないと難しいそうですが、一度は触れてほしい話だと思いました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代絵巻絵本

    迫力に満ちた時代絵巻絵本です。
    牛若丸ではなく義経ととしての生涯を、歴代として描きつつ悲しい運命を若干感傷的に描いています。
    判官贔屓の世界でしょうか?
    赤坂さんの骨っぽい絵が、時代劇にピッタリだと思います。

    掲載日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原典は『義経記』

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    源義経の一代記『義経記』を絵本にまとめたもので、
    若干史実を踏まえたフィクションの世界となっています。
    有名な弁慶との一騎打ちは♪京の五条の橋の上〜♪ではなく、
    清水寺の舞台となっています。
    でも、義経の成長の様子が力強く丁寧に描かれ、
    時代絵巻物的に楽しむことができます。
    長く、史実を扱う絵本のため、小学校高学年向けでしょうが、
    親子で大河ドラマ『義経』を楽しんでいるお子様なら、
    きっと気に入ってくれることでしょう。

    掲載日:2005/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット