ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぬすまれたおくりもの」 みんなの声

ぬすまれたおくりもの 作・絵:うえつじ としこ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784477026084
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一筋縄でいかない青いやかん

    あきっぽいまじょシリーズの3作目。
    前作「そらとぶパンがま」と「おそろしいまじょ」を読んで、すっかりあきっぽいまじょのファンになってしまった長女と私。今回も楽しんで読みました。
    今回は、クリスマスプレゼントに仲間からもらった、お湯を沸かすと歌いだす不思議な「青いやかん」を泥棒から取り戻すために奮闘するまじょとその仲間たち。
    この「青いやかん」が一筋縄でいかず、歌ったり歌わなかったり・・・どろぼうたちも嫌気がさし、サーカス団に売ってしまいます。まじょたちは、それを聞きつけやかんをおいかけ、サーカスにやってきました。
    やはり最後のオチではワハハと笑えます。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな法則?

    元魔女のおばあさん。
    クリスマスプレゼントに仲間から青いやかんのプレゼントをもらいます。
    仲間たちもおばあさんもそうとは知らずに手に入れたものでしたが、
    なんとそのやかんは、お湯を沸かすと素敵な歌を歌いだす
    不思議なやかんだったのです。
    噂はやがて泥棒の耳に入り、
    ついには大泥棒団の親分の持ち物となってしまいます。
    そこからやかん救出のお話が始まるのですが、
    このやかん、どうも歌を歌うにはある「法則」があるようです。
    次々変わっていくやかんの持ち主は、
    やかんを歌わせられたり、歌わせられなかったり・・。
    でも決して気分だけでやかんは歌っているんじゃないんです。
    やかん救出物語とあわせて、この「法則」がお話を楽しむポイントです。
    あぁ、今ならやかんを歌わせられる気がする・・。
    絵本の世界に遊びに行って、「法則」があっているか試せたら面白いだろうな〜。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット