ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

風の神とオキクルミ」 みんなの声

風の神とオキクルミ 作:萱野茂
絵:斎藤 博之
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784338010177
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 風の神って、自分勝手!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アイヌの民話です。これまた面白いお話でした。
    今度は”風の神”が登場します。
    嬉しい気分になったからといって、強風を吹き起こして、人間の村をめちゃめちゃにしてしまうなんて、いくら悪気はなくてもずごい横暴だと思いました。

    このお話にはオキクルミが登場します!
    オキクルミはアイヌの民話に数多く登場します。
    とても理想的ないい男に描かれていることがほとんど、強く優しく人間好きな上、見た目もカッコいい(らしい)です。
    今回のオキクルミもかっこよかった。
    力で風の神をやり込めるのではなく、(一見そう見えますが)「風の神の力」が、普通の人間たちにとって、どれほど凶器であるかを身を持って教えてわからせてくれた。という感じがしました。

    ハマるとアイヌの民話はどれもとても面白いです。
    絵はしっかりと太く描かれていて遠目はよくききます。
    読み聞かせに使ってもいいとは思いますが、
    私は個人的には大勢の中で読んでもらうより、一人読みで納得いくまでん何度も読み返した方が、アイヌ民話の面白さがわかりやす気がしました。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • さらにオキクルミファンに!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    元々小学校で「オキクルミ」のお話を習ってきた息子と一緒に、
    オキクルミについてもっと知りたいと思い、
    図書館から借りて来た一冊でした。

    オキクルミ関係の本は、これで三冊目ですが、
    この一冊でさらにくオキクルミのファンに!

    風の神の一人称で物語が進んでいくので、
    オキクルミ側の神様なのかと思いきや、
    なんて自分勝手でひどい神様!

    淡々と語る風の神様ですが、
    内容は、どれだけひどくてワガママをしたか。

    でもそのひどさのせいで、
    オキクルミのかっこよさが余計、目立ちます。
    リベンジの仕方も、なんだかクールだし、
    最後に、風の神をやっつけてしまわずに、
    許してあげたところに、オキクルミの寛大さを感じます。

    やっぱりオキクルミってかっこいいね!
    さすがオキクルミだよね!
    そう二人で確信した一冊でした。

    掲載日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイヌらしいお話

    自分勝手な感情でアイヌの村を吹き飛ばしてしまう風の女神のピタカムイ。
    神様でありながら、なんとひどい女なのだろうと思ったりしましたが、アイヌ民族の考え方なのですね。
    自然をはじめ、あらゆるものに神様がいて、アイヌの人たちはそれを受け入れ、敬うことを習わしとして
    きたのです。
    それは自然災害に対しても同じ。
    話を見ていて、昨年の大津波を思い起こしてしまったのです。
    このお話では、アイヌの人々は災害にあってもまたその地を復興しました。
    それなのにピカタカムイはまた腹をたて、再び暴風で村を破壊します。

    あまりのひどさに、立ち向かったのはアイヌの守護神のオキクルミ。
    ピカタカムイを打ち負かすほどの強さをもった若者でした。
    ただ、ピカタカムイが感性の神だったのに対して、オキクルミは理性と思いやりの神でした。
    ピカタカムイに激しいお仕置きをしてから、改心をうながして元の姿に戻し、破壊した家も
    元の通りにしてあげました。

    アイヌならではの性善説。
    悪を徹底的につぶすのではなく、改心させる心。
    勧善懲悪の多い日本昔話、良い人悪い人を対比させた民話の多い日本とは違った世界でした。
    子どもには、なぜピタカムイが許されたのか、少し説明が必要かもしれません。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風の神 ピカタカムイはししゅうが上手
     そんな神が アイヌの村人たちが楽しそうに暮らしているのを見て 悪さをして風を起こしたため多くの人が亡くなり 村は風に吹き飛ばされてしまうのです

    なぜ? 風の神はアイヌの人をおそったのでしょう?
    しかし アイヌの人たちは めげずにまた家を建て直すのです!
    すごい! 復興(今 震災で家を泣くし家族を亡くした人が 再び復興しようと立ち上がっているのとだぶりました!)

    しかし いくら風の神が吹き飛ばしてもとばされない家があったのです
    それは オキクルミの家でした

    オキクルミはアイヌの人たちのいのちをうばったピカタカムイを怒り、アイヌの踊り おおぎで舞い 殺してしまおうとするのですが・・・・
    生きたまま 罰をあたえたのです

    なんと オキクルミは 神の国からアイヌへやってきた つよいつよい 知恵のある 若者だったのです

    アイヌの人々は刺繍をしながら 今も生き続けている
    オキクルミの神のおかげですね
     
    アイヌに伝わる お話です(アイヌの民話)
    たとえ風の神であっても 罪もない人々の暮らしを壊すのはやはり罰を受けるべきなのですね

    そして、アイヌの人々はこのお話を言い伝えることでしょう!

    斉藤さんの 迫力があり、躍動感あふれる絵も魅力的でした

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット