あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

動物大せっきん ライオン」 みんなの声

動物大せっきん ライオン 著:デレック・ジュベール ビバリー・ジュベール
監修:小宮 輝之
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784593584512
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「動物大せっきん ライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても勉強になりました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    6歳の息子と読みました。

    普段特に動物に興味のない親子ですが、
    この一冊はとても面白かったです!

    さすがアフリカで25年活動してきた活動家の写真だけあって、
    躍動感溢れる野生のライオンを見ることができます。

    そして、普段知られざるライオンの生態。
    牙を見せ合って求愛すること、
    戦いに敗れた雄ライオンはたてがみが抜けること、
    群れの中のリーダーの雄を人間が殺してしまうと、
    その結果としてどういったことになるか。

    「ライオン」って普段動物園で見るものだと思ってた
    私たち親子にとって
    野生の、ホンモノのライオンについて
    今まであまりに知らなさすぎたなぁと思いました。

    また、今、世界中に生息するライオンの数にもびっくり。
    ライオンに対する認識がかなり甘かったことに気付きました。

    作者のご夫婦は、ライオンを守るために、
    「自然を大切に」というメッセージを発しています。

    この本を一冊でも多くの人が読んで、
    作者のメッセージが一人でも多くの人に伝わるといいですね。

    掲載日:2013/06/03

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット