うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

いろとかずであそぼうよ」 みんなの声

いろとかずであそぼうよ 作:レオ・レオニ
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784769020233
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,427
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • にっこり!

    レオレオニ作品の同シリーズ「えいごであそぼうよ」がとても可愛かったので,こちらも読んでみました。
    あかちゃん向けボードブックですが,愛らしいイラストに大人もにっこり楽しめます。
    レオレオニが描くねずみは何て素敵なんでしょう!

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊ぼうよ!

    表紙の鮮やかな色彩に惹かれて選びました。4ヶ月になる孫に見せているのですが、文字がないので毎回言葉をかけてます。2歳4ヶ月の孫と7歳11ヶ月の孫のほうが、上手く語りかけているような気がしました。
    数も読めるようになったので説明している姿が愛おしいです。

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眺めているだけで楽しい

    • よぷたんさん
    • 20代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子1歳、

    色んな色のかわいいネズミさん。
    娘と何色だね〜と言ったり、数を数えっていったり自由に楽しめる絵本です。
    ネズミの家族ができていくところが好きです。
    仲睦まじいネズミの親子が描かれていて、幸せな気分で数を意識できます。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいものにふれる

    文章は一切ありません。
    なので、
    何色かな〜とか、何を持ってるかな〜とか、
    何匹いるかな〜とか、色々な読み方ができます。
    各ページでお話をつくってもいいかもしれません。

    5歳の娘は、レオ・レオニが大好きです。
    実は、この本も娘が選びました。
    レオ・レオニの他の作品にたくさんふれたので、
    絵を見ると反応するようです。

    レオ・レオニの作品は、芸術性はもとよりお話も素晴らしい。
    是非、読ませたい作家の一人だと思います。
    あかちゃんの頃から触れさせ、親しみを感じていると、
    他のレオ・レオニ作品にもスムーズに入っていけるのでは
    ないかなと思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく「あそぼうよ」

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    文字の無い、絵だけのシンプルな作品で、
    まさしく「いろ」と「かず」で「あそぼうよ」の世界です。
    レオ・レオニの作品によく出てくるねずみたちが、
    色の世界や数の世界を案内してくれます。
    色彩は微妙な色合いで、実は赤、青、などと言い切れないかもしれませんが、
    子どもの目には優しい色合いだと思います。
    数のところは、どんどんねずみの数が増えていくのですが、
    一人ぼっち(この表情も絶妙です!)から、
    出会い、子どもが生まれて、という風に想像することも出来るのが
    ポイントですね。
    お子さんに合わせて親子でいろいろ応用して活用できそうです。
    奥付けを見ると、原題は『COLORS』『NUMBERS』と2冊になっており、
    翻訳の時再構成されたようですね。
    コラージュ作品なのでしょうか、独特の風合いも素敵です。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見て、想像する楽しみ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「レオ=レオニ」の赤ちゃん向け絵本です。
    もう、うちの子たちは大きいのですが、レオ=レオニがどんな赤ちゃん絵本を書いてくるのか気になって、図書館で借りてきました。

    手のひらサイズ、普通の本より厚めの紙で文章は一言もないです。
    最初の数ページは、はっきりとした色のネズミが三匹登場するだけでした。色″と数″がテーマなので、中盤からは数がメインになってきます。
    これはネズミの子どもたちがどんどん増えていくという設定なのかな〜。

    ものを見て想像しながら楽しむ絵本として、すごくいいと思いました。
    理解しやすく楽し絵本です。
    赤ちゃんたちにぜひどうぞ。

    掲載日:2012/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族が増えていく

    数字を教えたくて3歳の息子に読みました。
    特に文章が有るわけではないので三歳の子供がひとりで読むのにもいいです。


    カラフルなネズミたちもかわいくて
    数字の所で増えていく家族が楽しいです。

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な知育絵本

    そろそろ息子に数字を教えたくて、いろいろ探していたのですが
    この絵本の良いところは、
    数字と数が並んでいるのではなく
    数字が増えるときに、ちょっとしたストーリーがあるところかな。と思います。
    一人淋しいねずみが、恋人とであって、家族が産まれて・・・・
    どんどん子供が増えるのも、ねずみらしいな。と

    数字を教えるときに、ストーリーがあるのは珍しいですし、
    子供が理解しやすいように思えます。
    また、文字がないので、子供が一人でめくって読むこともできます。

    とてもおすすめの絵本です。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい!

    いろとかずの両方がテーマなので、赤ちゃんに1ページずつ色な声かけが楽しめる絵本です。

    レオ=レオニ作品なので、もちろん絵がとても素敵!
    赤ちゃんがいなくても、欲しくなっちゃう絵本です。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いです

    数に興味をもってきたので
    シンプルで分かりやすい。
    絵も可愛いし、色合いが素敵ですね。
    物語を作りながらよんでもいいし、
    数字にこだわらず見ているだけでも楽しい。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット