ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ぞうくんのちいさなどくしょ(3) ぞうくんのクリスマスプレゼント」 みんなの声

ぞうくんのちいさなどくしょ(3) ぞうくんのクリスマスプレゼント 作:セシル・ジョスリン
絵:レナード・ワイスガード
訳:こみや ゆう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784251010537
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,186
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さくてかわいい

    小さくて、とってもかわいい絵本です。
    なにより、レナード・ワイズガードの絵が素敵。服をきたぞうくん一家はかわいいし、白黒に朱色がかった赤だけを使った色合いもおしゃれです。
    読み手を選ばないほのぼのとしたお話で、サイズも小さいので気軽に贈りたい絵本だなあ、と思いました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ12月なので、クリスマス絵本を
    いろいろ読んでいます。
    ぞうくんが家族にクリスマスプレゼントを用意しているという設定で、
    家族に何が欲しいか質問していくのですが
    このやりとりがなんともかわいい!
    オーソドックスでありがちであざといといわれれば
    まあ確かにそうかもしれませんが
    クリスマスというエッセンスでかわいらしく感じます。
    クリスマスってすごい!
    そして、長女に
    「なぜ緑と赤の色が入ったプレゼントなの?」と
    聞かれてびっくり。
    自分にとってはクリスマスは赤と緑だろうって
    常識って思っていましたが、子どもにはまだ
    そんな意識はないのだなあと。具体的に、
    クリスマスっぽいもの=赤&緑のものっていうことに
    子どもは案外気づいていないのかもしれません。
    言われたら、ああそうかって思うでしょうが。

    掲載日:2015/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族にクリスマスプレゼント

    はじめてのぼうけんが、面白かったのと、クリスマス近くだったので読んでみました。
    ぞうくんは家族に
    秘密の願い事
    を聞いて回ります。みんな、ぞうくんの調子に合わせてくれて、ぞうくんはみんなの反応を見て大喜びします。
    本当に素敵なお話です。家族みんなが暖かく読んでいて幸せな気持ちになります。

    息子は、ぞうくんがパパのところへ行き、お手伝いをする場面で大爆笑!
    笑いが止まらず暫く落ち着くのを待ったほどでした。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかな家族のクリスマス!

    今夜はクリスマス・イブ。
    ぞうくんは、ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんに「ひみつのねがいごとってある?」と聞いてまわります。
    みんな面白い答えをしますが、最後はぞうくんの話に合わせてくれるところがいいですね。
    みんなのプレゼントを用意するぞうくんが、とっても嬉しそうでした。
    それにしても、ぞうくんに対するおじいちゃんの対応が、あやちゃんとおじいちゃんを見ているようで可笑しかったです。

    掲載日:2012/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秘密の願い事

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    五感を研ぎ澄ます画風の、レナード・ワイスガードの絵が印象的な作品。
    水墨画のような色彩の黒色と、上品な赤色、この2色で描かれます。
    クリスマスイブ、ぞうくんはママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんに
    質問をします。
    秘密の願い事はなあに?
    それぞれがなかなか面白い答えをしてくれるのです。
    ぞうくんの子どもらしい行動が愛らしいです。
    ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんが、
    ぞうくんの話にきちんと応対している姿が素敵だなあ、と思いました。
    もしかしたら、みんなの答え、ぞうくんの話に合わせていたのかもしれませんね。
    ママの作るミンスパイは、細かくしたドライフルーツをブランデーなどで煮詰めた物をパイで包んだクリスマス菓子。
    思わず調べてしまいました。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなの秘密の願い事は?

    ぞうくんが家族みんなに願い事を聞いて、プレゼントを用意する素敵な本でした。

    ぞうママはバレリーナになりたかったとか、いろんな回想シーンが面白い。プレゼントを用意するのに迷うときはこうやって聞いたらいいかもしれませんね!

    この本読んでちょっと気になったこと。ミンスパイって何だろう?食べてみたい気がします。

    あと、文章は長い。読み聞かせするにはちょっと疲れるので、一晩でこの一冊で充分かも。自分で読むようになったら更にいいかもしれません。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット