大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

天才女医、アンが行く」 みんなの声

天才女医、アンが行く 作:福田隆浩
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784062694254
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「天才女医、アンが行く」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さよならアン先生

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    シリーズ最終巻です。
    アン先生は終始まさにタイトル通り天才という言葉が似合う人でした。
    ひとみちゃんはじめ、三男坊や患者さんたち等々、アン先生に助けられた人はたくさんいます。すごい先生だと改めて思います。
    アン先生はどこにいてもアン先生なんでしょうね。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「雨のち晴れ、なんだって、この世は…」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子が中学の頃から始まっているシリーズで、前の2巻は子どもが中学時代に母子でハマって読みました。
    高校になり、たまたま図書委員をゲットしたうちの子が図書室で3巻を見つけて「アン先生の続きがあったよ〜!」と、喜んで帰ってきました。
    思春期の子ども向けに講談社が出している“YA!文庫”から出ている作品です。

    美土里野町にの小さな早川診療所、そこで代理院長を務めているアン先生はとっても腕の立つ女医さんですが、性格は子どもみたいに自由気ままで、やりたいことを見つけると仕事そっちのけで動き出しちゃう困ったお医者さん。
    そのアン先生を中心に、美土里野町の町の人々や、すっかりアン先生のお目付け役に認定されてしまった見習い看護師のひとみちゃんなどを巻き込んで、いろんな騒動を起こすとってもコミカルな物語です。

    この1冊には7つのアン先生の話が載っていて、語り手のひとみちゃんを中心に人情あり、笑いあり、思春期だからこその悩みなども織り込まれ、とてもテンポのいい楽しい話になっています。
    内向的でおとなしいひとみちゃんも、パワフルなアン先生に付き合って、回を重ねるうちにドンドン変わっていきます。
    今回のお話の中で、一番面白かったのは「アン先生と美土里野町の犯罪」でしたが、グッと、心に残ったのは「雨のち晴れ」というひとみちゃんの前向きなセリフでした。

    なんと!残念なことにこの3巻目で、アン先生のシリーズは終わってしまいます。
    でも、自由気ままなアン先生のことだから、いろいろな場所での珍道中や、ひょっこり事件に巻き込まれて、また紙面に登場してくれるんじゃないかな〜と、子どもと一緒に期待しています。
    このシリーズはぜひ、思春期の子どもたちに一度は手にしてほしい作品です!!

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット