大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ふねにのっていきたいね」 みんなの声

ふねにのっていきたいね 作:長崎 夏海
絵:おくはら ゆめ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784591117972
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 沖永良部島へ行ってみたくなりました

    沖永良部島へ行ってみたくなりました。3月に小豆島の旅行では、フェリーに乗って行ったので、今度は行ったことのない沖永良部島に行きたくなりました。まだ未知への旅には、憧れでわくわく感がたまりません。この絵本の少女の気持ちが、よく伝わってきました。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキわくわくが伝わってきます

    島から出たことがない子供にとって高速船で沖縄まで行くのは
    それはそれは大冒険でしょうね。
    都会への憧れももちろんありますしね。
    私も地方の出身なので大都会への憧れがありましたもの。

    このお話は船でしたけど、バスでも新幹線でも
    子供にとって行ったことのない大きな町へ出かけるのは
    大冒険ですよね。
    そんなドキドキわくわくが上手く伝わってくるお話でした。
    1年生の息子も真剣に聞き入っていました。

    少し文字数があるので小学生からの方がいいと思います。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旅をする喜び

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    北海道はどんなとこ?東京は?沖縄は?
    沖永良部島しか知らない女の子が、島の外への夢と憧れを胸いっぱいに詰めて船旅をするお話です。

    私も田舎生まれの田舎育ちなのでこの気持ちわかるなぁ。
    まだ行ったことのない島や町に憧れます。
    船で島を渡るというのは主人公と同じように私も未知で、とっても新鮮でワクワクするものでした。
    実際、沖永良部島を調べてみると実在する船でこの本と同じように与論島を経由していくようです。
    子供達に見せてあげると「へぇ〜行ったみたい!」とこの本の主人公と逆方向で夢を膨らませていました。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット