しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)」 みんなの声

ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1981年03月
ISBN:9784001151060
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,161
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 書店で一目惚れ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    4歳の息子が書店で一目惚れし、購入してきた絵本です。

    きれいな水色をバックに可愛いおうちの絵の表紙。
    中を開いても、細かいところまで色彩に気を使った
    素朴な絵がとても素晴らしいです。

    夏にはひなぎくの花が、秋には真っ赤にそまる木々が、
    そして夜にはお月様が見えるいなかにある小さなおうち。

    ところが年月を経ていくうちに、周りには自動車が、
    家々が、ビルが、電車が、地下鉄が、できあがっていき、
    お日さまの光も見ることができなくなった小さなおうち。

    人々の暮らしが豊かになっていくにつれて、
    こういった自然がどんどん消えていっていることを、
    思い知らされた一冊です。

    ちょっと長いですが、文章は難しくありません。
    4歳の息子にとっては読み応えがあり、
    お気に入りの一冊となっています。
    何回も何回も読む度ごとに理解が増していっているようです。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2歳児には早すぎるけれど

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子供達に読みました。
    ページ数が多いのと、各ページの文章も長いので、
    2歳の子には早かったようです。
    4歳の息子は気に入っているようで「また読んで」と持ってきています。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長く読みたい絵本

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    社会人になってから、本屋でこの絵本の表紙を見た時、「読んだことがある絵本だ!」と思い出し手に取りました。
    家にあった絵本ではなく、どこかで数回見た程度の絵本だと思うのですが、忘れずにいたようでした。
    その時、まだ結婚もしておらず、子供もいなかったのですが、絵の綺麗さ、都会の暮らしから思う田舎の暮らしの豊かさに共感して購入してしまいました。

    子供に読み聞かせる絵本としては、やや字が多めで、読み応えがあります。
    初めて読んだ時には、まだ小さかったのもあり、話が静かで理解するには難しいのもあり、最後までは中々聞けないようでした。
    それが、4歳を過ぎた頃から自分で本棚から出して「読んで!」と持ってくることが増えて来ました。
    決して派手な絵本ではないけれど、内容もしっかり理解して、子供なりに何かを感じ取っているようです。
    温かく優しい気持ちになれる、そんな1冊です。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • デザインも素敵!

    ちいさいおうちが最後に素敵な暮らしを手に入れる様子が
    いいなあと思い、このサイズの絵本を手に入れました。
    手に入れて、すみからすみまでよくよく見れば、ストーリー
    だけでなく、デザインも凝っていて素敵なのだということ
    に今更ながら気づきました。
    1頁1頁手を抜くことなく、気持ちをこめて描いたのだな
    あ、バージニア・リー・バートンは。
    だから、ストーリーを追わなくとも、ただ眺めているだけ
    でも楽しい気分になります。

    娘はまだ「都会」と「田舎」の違いについてよく理解でき
    ないようなので、この絵本を読んでもぴんとこなかったよ
    うです。そのうちに「ちいさいおうち」の気持ちに寄り添
    えるようになってくれたらいいな。
    ちいさいおうちに住みたい私です。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時代を超えて愛される絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    自然豊かな田舎に建っていた小さいおうち。時の流れとともに自然は壊され、おうちを取り巻く環境はどんどん変わります。ちいさいおうちは・・・。
    娘が3歳くらいから何度も何度も読んでいます。3歳児には長いと思うのですが、なぜかこの本は大丈夫でした。絵のかわいらしさとシンプルな文章のおかげでしょうか。
    時の流れとか自然破壊とか、いろんなことを考えさせてくれる本です。
    長い間愛されてきた理由がよくわかる本です。これからもたくさんの人に読んでほしいです。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味なんだけど、心に残る絵本

    私の好きな絵本です。
    何故か地味なのに、ずっと覚えていました。
    息子にも読んだところ、最初はのどかだった風景が少しずつ開発されて都会になっていき、途中、おうちを見失ってしまいました。
    「あれ、おうちなくなったよ。え?どこ?もしかして、これ?なんか、色が薄くなってる。。。」
    時の変化を感じます。
    そうやって、物語の中でも忘れ去られて、誰の目にも触れなくなっていくのですが、後半で、またのどかなところにお引越しして、幸せに暮らせることになります。
    息子は「よかった〜」と、安心して本を閉じていました。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時の流れ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    親類からもらった絵本です。
    3歳の娘にはまだ早いかなと思ったのですが、本人が読んでと持ってきたので読みました。
    時の流れを感じる絵本です。
    ちいさいおうちのまわりはどんどんどんどんめまぐるしく思えるくらいのスピードで変わっていくのですが、ちいさいおうちだけは変わりません。
    ぽつんと取り残された感のあるちいさいおうちでしたがハッピーエンドで良かったです。このおうちの持ち主の一族はしっかりとちいさいおうちを愛してくれているのにほっとし、心があたたかくなりました。
    ですが娘にはやっぱりまだ早かったかも。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎晩寝る前に

    私のお下がりの本です。
    2歳児には難しいとは思いましたが、夜寝る前に読んでみると気に入ったようです。最近は毎晩この絵本を選んで持ってきます。
    夜は絵が見えない状態で聞いています。すると昼間に1人で絵を眺めていることも。
    全ての内容はわからなくても、何か感じるものがあるようです。長く読み聞かせが出来る本だと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深呼吸できる家が、いいね。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     母と父と娘と、ミニマムな私の家族が選んだ一冊です。
    小さくても緑ゆたかで、大きな空の下、ちょっと丘で、そばにリンゴの木、
    時にブランコを作って遊んだり、そばの池で泳ぐ。
    なんたって季節が目の前で変わるのが分かるって、すてきでしょ。
     なんどもなんども読んでいるうち、私たちの住む家の周りも、
    少しずつ少しずつ変わってしまって、本の中と同じにならないよねと、
    心配するこどもに質問されたものです。
     町は便利だけれど、くらしの尺度がなぜかしっくりこない。
    土の匂い、花のにおい、緑の香り、空の広さ・・・。
    う〜〜んと背伸びをして、深呼吸できる家が、どんなにちいさくても、
    どんなにおんぼろでも、いいよねぇと、顔を見合わせて相づちをうったのです。
     バージニア・リー・バートンの、定点観測のような構成が、
    ちいさな家をより際立たせます。
    いつも画面の真ん中にあるちいさい家の表情が、画面の後奥からどんどんやってくる何かに翻弄されて、読む者のこころをザワつかせるのです。
     最後の夜のシーン。新しい田舎の丘に移ったちいさな家は、
    やっと安堵してしずかに眠るのです。
    人間が騒がしくして、ごめんなさい。
    でも、すべての現代人に通用するかどうかは、自信はありません。
    身の丈を知るバートンさんに、同情感謝です。

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れないでほしい事

    ポケットサイズの丁度良い大きさの絵本です。
    岩波書店はやっぱりここがポイントですよね♪
    表紙でも分かるように、自然がたくさん出てくる可愛らしい絵本です。

    このおうちは、自然いっぱいの田舎にあります。ずっと大切にされてきました。春夏秋冬を楽しんでいます。
    しかしある日、小さいおうちの田舎はどんどん町に変化していきます。

    私は町も素敵だとも思います。おしゃれで、色々なお店が並びます。
    でも、本当に良いのは迷わず田舎だと思います。
    車や電車がぶんぶん走る町は空気が悪いです。自然もありません。
    やっぱり人は自然を大切にしないと。人以外の動物は、森や田舎を好んでいます。…というか、そこでしか暮らせません。
    本来人もそうあるべきだと思います。
    そういうことを、忘れないでほしいな…。

    忘れかけていたことを教えてくれる一冊です。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おひさま あはは / 仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット