すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙」 みんなの声

行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙 出版社:国書刊行会
本体価格:\1,900+税
発行日:2000年01月
ISBN:9784336042064
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 伯父さんの甥っ子は登場しませんが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ネットで本の検索をしていたところ、
    この本を自分の甥っ子にあげようと思って、あげる前に何気なく読んだらめちゃめちゃ面白かったというコメントが載っていたので、
    気になって探してきました。

    タイトルからしてとても変わってますよね。
    「行方不明」というか、このおじさんどうやら自称冒険家の風来坊で、
    この手紙を書いているときは、(たぶん)南極大陸で伝説(?)の白いライオンを探して旅をしていました。

    伯父さんの手紙はふるいタイプライターで打たれているようで、
    作品の中身はとても汚い文字と文章でした。
    たぶん、作者自身が元の原稿の時点で、あえておじさんが書いたような誤字脱字だらけの汚い手紙をイメージして書いていたんだと思います。

    むしろこの話は文章より、もともと挿絵画家でもある(らしい)マーヴィン・ピーク自身が描いたという伯父さんの絵がよかったです。

    後書きを読むと、訳者の横山さんが、この本について語ってくれています。
    1つ気になっているのですが、この作品あくまで伯父さんの「手紙」しか書かれていません。
    実際この手紙は甥っ子のところに届くのでしょうか?
    そして、親族中に嫌われているっぽいこのおじさんが手紙を書きたくなるような甥っこって、誰だったんでしょう?

    掲載日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット