もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

お豆のニューピー」 みんなの声

お豆のニューピー 作:マーゴット・サンダーランド
絵:ニッキー・アームストロング
訳:森 さち子
出版社:誠信書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784414413694
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勇敢なニューピー

    • タマゴさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    自分の描いた夢が、社会にないものだったり、それを認めてくれる人がだれもいなかったりすると、あきらめることの方が正しいように感じたり、みんなと同じことができる方が素敵であるように思ったりします。

    この本では道から逸れてひとりぼっちになってしまったニューピーに対して「勇敢だ」といってくれます。


    夢をすてて寂しい思いをしている人に読んでほしいですし、この本の中に登場するお父さんのような大人にぜひ読んでほしいです。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を持つことをあきらめない!

    夢を持ちながら生きていくことは素敵だな〜楽しいな〜と思わせてくれる絵本です!
    残酷なシーンもなく子供にも安心して読み聞かせできる内容だと思いました。

    みんなと同じでなくてもいい。
    自分の想いのまま進んでみてもいい。
    そんなことも思わせてくれる絵本でした。
    これから未来ある子供達に,ニューピーのように夢を持ってほしいなと思いました!
    夢を持つことをあきらめないでほしい!!

    このシリーズは深く考えさせられほのぼのした感じは少ないですが,この絵本はそんな中でもほのぼの感さえ覚え心地よく読めました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界観

    独特の色合いで展開される、独特の世界観。

    日本ではちょっと、なかなかお目にかかれないかもしれません。

    個性が強い作品なので好みが分かれるかもしれませんが
    大人でも楽しめました。

    どのページも鮮やかに描かれていて、
    なんだか元気になれそうな絵本です。

    テーマとしては、珍しくありませんが
    豆を主人公にしているところが斬新と感じました。

    掲載日:2014/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢をみる

    お豆のニューピーのように、現実と戦いながら、夢を見続ければいつか実現するかもしれないと勇気がわいてくる絵本でした。実際には、なかなか実現しそうもない夢でも、親であればニューピーの応援をしてあげれるような助言も必要であったのでは?って、思いました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり、あきらめない

     お豆が主人公のお話です。ちいさなお豆ですが、中には大きな力を秘めています。
     おとうさんが「ずっと豆のまま。なにもかわらないよ」という気持ちも、わかる気がします。

     夢はなんでもかなう、とは言えないけれど、やっぱり夢をあきらめたら、ほんとうになにもできません。ニューピーちゃんの強い気持ちが、うらやましいなと思いました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色使いがきれい

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    色使いがとてもきれいなので、思わず手にしたくなる本です。
    なので、こどもに読んでほしいとせがまれました。
    個性的でチャーミングなお豆ちゃんが主人公です。そのお豆のニューピーがとても愛くるしく、いきいきと描かれています。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無理だと思うことは、無理でおわる

    お豆のニューピーの夢は、ティーショップを開くこと。
    お豆なのに??
    『お豆はね、はじめからおわりまで、ずっとお豆。それだけ。』
    パパの言葉は、もっともです。
    でも・・・。

    長い人類史上、無理だと思われてきたことが、
    今では「普通」になってること たくさんあります。
    古代、
    あの空に浮かぶ月や星に手が届く日がくるなんて、
    誰が想像したでしょう?
    電気、化学、医療の進歩。
    遺伝子までも、操作できる時代がくるなんて・・・。

    『無理だ』と決めつけてしまったら、先はありません。

    お豆がティーショップを開く??
    これって、例え話でしょ。
    いやいや、未来の世界では、案外「普通」のことかも知れません。

    判断するのは、自分。
    まずは、『無理』という枠組みをつくらないこと。
    自分のことも、娘のことも、視野を広げてみていきたいと感じました。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おちゃのじかんにきたとら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / シニガミさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット