なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

私ってごみくず、かな?!」 みんなの声

私ってごみくず、かな?! 作:マーゴット・サンダーランド
絵:ニッキー・アームストロング
訳:森 さち子
出版社:誠信書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784414413663
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,829
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「私ってごみくず」!?
    う〜ん・・・
    「自己否定」?なのかな?
    なんだろう・・・
    と、気になって
    「全ページためしよみ」をしてみました

    基本、私は、絵本は楽しい、ほっこり系で
    読後爽やか〜♪が希望です

    が、これは、重そうなテーマのような気がしまして・・・

    で、ごめんなさい・・・
    あまり私好みの絵ではないので
    この機会を逃すと、読まないのでは・・・とも

    自分に自信がないーというのは
    その子がそう希望しているわけではないーと思います
    周囲の関わりが1番大切ですよね

    この絵本で、家族、兄弟の関わりがないのが
    気になりました

    その家族から1歩進んでの
    小さな社会環境でーと
    捉えるのかな?

    子どもの生活環境って
    本人だけの関わりだと、本当に狭いと思います
    周囲の関わりで、広がっていき
    安心して、自分から広げていくもの

    その「安心」の基礎部分を
    育てることが、まず大切

    「嫌なことをされるのは、自分が悪い」

    そう思い込むことの怖さ

    「嫌なことする人は・・・」という定義を
    この絵本は、教えてくれています
    嫌なことする人は、主人公と同じ「子ども」とは
    限りません
    「きちんと」を強制する身近な大人の存在も
    確かに、そうだと思います

    これは、大人へのメッセージも
    とても含んでいる作品のように思います

    ありなままの、その子 を受け入れる
    その子 のよさを引き出す
    その子 の気持ちに寄り添う

    勉強になりました

    さて、こどもが読んだら、どう感じるのでしょうか?
    どの年齢に?

    読みきかせボランティアおばさんには
    読後のフォローが難しいかと思います
    ギャングエイジの3.4年生頃から
    小学校の担任の先生では、いかがでしょう?

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自身に自信のない弱者の残酷な行為

    この作品を最後まで読んで、ルビーの親が登場していないことに気づきました。
    なぜ、親が気になったかというと、自己肯定できない子はその生育歴に何らかの関係があると思うからです。

    さて、ここまで病が重くなってしまうとなかなか難しいと思いましたが、ドットおばさんとの出会いで、ルビーは変わっていきます。
    親じゃないんですね。(いじめについて子どもは親に語れないようです)

    いじめっ子ができる過程を語るドットおばさんの言葉に納得。
    人間とは、なんて弱いんでしょう。
    自身に自信のない弱者の残酷な行為。
    愚かなことにその行為で、他者を壊してしまうことを知らないのです。

    もうひとつ残念だったのは、ルビーの担任の先生の様子。
    ルビーの内面が崩壊しかけていることに気づけていないように思います。

    なにげない一言で、子どもを傷つけ追い込んでしまっていることがたくさんあるのだと、改めて反省しました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自己肯定感の大切さ!

    まわりからいじめられ,自分のことをごみくずと感じるようになってしまった主人公ルビーのお話です。
    学校の先生であるフルーティノーズ先生までもが,ルビーのことを叱ってののしる。正直とても切なく思いながら読みました。
    周りからダメ呼ばわりされれば自分をそう思ってしまう。。本当に考えさせられました。
    給食のおばさんであるドットおばさんと出会い,その状況は変わっていきます。
    ドットおばさんはルビーの失敗さえ共感しとても温かい言葉と態度でルビーに自信と強さを与えていきます。
    ドットおばさんのルビーを見守る姿は,育児において見習いたい姿だと思いました!!
    ドットおばさんは,いじめっこができあがることについても触れていて,本当にその通り〜と思いました。
    最後にルビーがいじめっこ達に自分の思いをはっきり言うシーン。
    すごくよかったです!!強くなったねルビー。
    新しいお友達もできハッピーなルビーに本当によかったよかった!!
    自己肯定感の大切さを改めて感じました☆
    ドットおばさんのような温かく大きな大人になりたいものです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんなことないよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「私ってごみくず、かな?!」衝撃的なセリフです。
    いじめられている女の子が主人公。
    たしかにみんなからくず呼ばわりされてばかりいると「私はごみくず」と言いたくなってしまうのかも。でもそれはひどすぎるし悲しすぎると思いました。
    「私はごみくずじゃない!」「私をごみくずと呼ばないで!」と言うのはみんながみんな言えるわけではないのでしょうね。
    女の子が自分を卑下するたび「そんなことないよ」と言ってあげたくなりました。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじめは、カッコ悪い!

    同級生にいじめられること、
    先生にやたらと注意されることがモトになり
    自分をごみくずだと思ってしまうルビーが気の毒でした。
    他人からそんなふうに扱われ続けたら、
    誰でもネガティブになってしまいますよね・・・。

    給食のおばさんに出会って、
    いじめっこがいじめをする理由を知ったルビーがハッキリと
    「自分が惨めだからって、人をいじめないで!」と発言した場面では
    とてもスッキリとしました!

    だからいじめは、カッコ悪いんですよね。
    いじめられている子よりもむしろ、
    いじめっこに読み聞かせたいと思いました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自己否定という病

    病は気からというけれど、「自分はごみくずかな?」と疑問を持ったルビーちゃん。
    次第に「自分はごみくずだ!」と決めつけるようになってしまいました。
    自己否定という病です。
    ほめる言葉も耳に入らなくなります。
    いじめられている自分が本当の自分に思えてくると、なんだか自分が自分をいじめ始めます。
    ドットおばさんが、根気よくルビーちゃんの良いところを教えてくれました。
    「自分はごみくずなんかじゃない!」
    少し観念的な話ですが、子どもに対して「自分はごみくずだ」なんてことを言わせない仕組みが書かれています。
    心の病は、奥深くまで進行してしまうと、この絵本のようには解決できないでしょう。
    子どもにも心があるのだということを忘れてはいけないと感じます。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感しっぱなしでした。

    私もどちらかというと何かきっかけがあればすぐに自信がもてなくなってしまうほうなので、この絵本はすごく共感するところが多かったです。読んでみると、だいぶ楽になった気がします。
    ドットおばさんのような存在は本当にかけがえのないものです。私にとっては、それが今の彼氏です。認めてもらえることで自分自身変わることができます。本当にそう感じます。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の居場所

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    いじめがテーマの一冊。
    いじめとは絶対にあってはならないものなのに、いつの時代も必ずある社会問題。だからこそ、強くそれに立ち向かう勇気や自分は自分のままでいいのだということ、自分の居場所をどこでもいいから見つけることの大切さを教えることは大切。この本の主人公は、いじめに遭い、自分を過小評価していたが、自分を認めてくれる隣人と仲良くなったことで、自信を取り戻し、自分らしく暮らせるようになり、やがて皆の前で、自分の気持ちを主張することもできるようになり、友達もできたので、いじめに遭っている子にはぜひ、読んでほしいし、そうでない子にも勿論出合ってほしい一冊。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ルビーの勇気

     最初の文章、「こまったことにルビーは、、、」
     いじめられているルビーを非難するような文章に、
    違和感を感じました。

     ルビーがここまで自己否定するようになるまで、
    なにがあったのか。そちらの方が気になります。
     ルビーの保護者が見えないことも、気になります。

     ルビーの勇気は、本当にえらいです。
     
     どこの国でも、いじめの問題は根深いなと思いました。
     解決法はないのでしょうか、、

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドットおばさんであるためには・・・

    自信が持てないのは、自分のことが好きになれないのは、
    きっと、本当は、自分のせいじゃない。
    子どもの頃の家庭環境、学校などの集団生活、
    その中で、受け入れてもらえなかったことによる自信喪失。
    自分を卑下する気持ちが更に事態を悪化させる。
    すごく切ない話ですね。

    みんなの心無い言葉のために
    主人公のルビーは、こんなにかわいくても、
    自分を『ごみくず』だと思ってます。
    鏡に映る自分の姿すら、歪んで見えてしまう。
    心の闇が、
    本来変わるはずのないものまで歪めてしまうなんて・・・。

    でも、ルビーは、ありのままの自分を受け入れてくれる
    ドットおばさんとの出会いによって、本来の自分を取り戻すことが
    できます。

    対人関係の難しい現代。
    娘が運良く、ドットおばさんのような人に出会えるかはわかりません。
    だから、私が、娘にとってのドットおばさんでいてあげられるように
    ありたいなと思いました。
    ただ甘やかすのではなく、本人の自信を育て、
    絶対的な信頼を得ること・・・。
    こっちも、なかなか難しそうです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 9

全ページためしよみ
年齢別絵本セット