アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?

おたんじょう月おめでとう 11月生まれ どんぐりきょうだい」 みんなの声

おたんじょう月おめでとう 11月生まれ どんぐりきょうだい 文:中川 ひろたか
絵:かべやふよう
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784426110611
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,259
みんなの声 総数 9
「おたんじょう月おめでとう 11月生まれ どんぐりきょうだい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たいせつな誕生月

    おたんじょう月おめでとうのシリーズ、発売された月から、わが子の誕生日月(11月)の絵本が出るのを楽しみにしていました。
    11月はどんぐりさんの旅のお話でした。どんぐり集めが好きな娘は喜んで読んでいました。
    それ以上に、裏見開きにある、11月の誕生石やくさばな、星座などに興味を持ち、真剣に読んでいました。
    やっぱり誕生月って本人だけでなく、母にとっても特別な月であり、
    こういう絵本に出会えたことをうれしく思います。ずっと大切にしたい1冊です。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先日テレビで中川ひろたかさんを拝見しました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    名前だけはよく存じ上げておりましたが、あんな面白い感じのおじさんなんですね!運のいいどんぐりの兄妹のお話ですね、と思ったらこの2人は兄妹ではないんですね!かしの木って、どんぐりが大きくなってかしの木になるんですね〜。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりの兄弟

    このお話はどんぐりの兄弟がどんぐりの木になっても兄弟として近くで生きていくお話でした。強い風が吹いてどんぐりだった二人が引き離されたときにはハラハラしましたが、お互いに自分が飛ばされた先で頑張っている姿がとっても感動しました。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • リスがほお袋からどんぐりを出しているシーン

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    「おたんじょう月おめでとう」シリーズの1冊です。
    絵はかべやふようさんで、なかなか楽しく描いてくれています。
    どんぐりの兄弟たちが木から落ちてどんぐりの木になるまでの冒険の物語を簡潔にテンポ良く描いてくれていました。

    11月生まれのお子さんたちの成長を祝って作られているので、
    最後の見開きのページには、この月ならではのミニ知識がいろいろ書かれていました。
    私的にはそこが一番面白かったですが。

    絵でウケたのは、リスがまるごとどんぐりを口のほお袋から出しているシーン。なかなか大きなお口で、面白かったです。
    小学校低学年くらいなら、読み聞かせでも楽しめるかも。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり

    療育の時間に、園からよくお散歩に行って最近では、どんぐりを拾ってくる6歳の孫なので、どんぐりが出てきてとても喜んだ孫でした。どんぐり兄弟の絆までは、わからなくてもどんぐりで単純に喜べる孫がいいなあって思いました。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでもらうと楽しい

    小学校で読み聞かせボランティアをしているお友達が、3歳の息子のためにこの絵本を読んでくれました。最近「どんぐり」がお気に入りの息子は、とっても喜びました。
    仲良しのどんぐりきょうだいが、途中離ればなれになって、リスのお口の中へ入って・・・と、ハラハラドキドキの展開ですが、最後はホッと一安心。私も、人に絵本を読んでもらう機会というのはなかなかないので、とてもいい体験でした。絵本は、人に読んでもらうと楽しいんだなということを実感しました。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命は続いてゆくって事だよ。

    5歳の息子は、おたんじょう月おめでとう、というタイトルを見て、
    もっとハッピーバースデー感の強いものを期待していた様子。
    ケーキとか、パーティーとか・・・

    でも、母にはわかります。
    こうやって、どんどん、命は続いてゆくんだよ。
    おかあさんのところに、君が産まれてきてことも、妹が出来たことも
    どんくんたちのように偶然が続いた奇跡なのよ。

    芽が出たばかりのどんぐりは、まさしく君なんだよ。
    頑張って大きな木になってほしい。
    お母さんの木は「頑張ってね」しか言えないんだなぁ・・・
    人間の母親もそうなのかも。

    子供に何が伝わったかは不明ですが、
    母親はなるほど、と考えさせられました。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどね〜

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    もとは同じ木の兄弟姉妹なのに、どうして遠くに立ってるの?

    兄ちゃんの答えは「風でビューンと飛んでったから」
    次男の答えは「え〜わかんない」
    私も何でだろうな?ってとっても疑問でした。

    どんぐりきょうだいが強風で地面に落ちて・・・。

    なるほどねぇ。そうなんだ。なんかすごい秘密を知った気分♪

    どん君とえいこちゃんが木になった頃、リスさんとクマさんも
    同じぐらいに時間が経ってて「あ!すごい!」と思いました。

    お誕生日な本かといえば・・・どうかなぁ。
    でも、11月頃の「どんぐり」の秘密がわかって楽しかったです。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりの知識

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    どんぐりを題材に、兄弟の絆ストーリーとなっています。
    どんぐりの兄弟、どんくんとえいこちゃん。
    大きな木になることを夢見ていたのですが、
    ある日、強風に吹き飛ばされて離れ離れに。
    しまりすやくまに拾われたどんぐりは、食べられたりするのですが、
    どんくんもえいこちゃんもそれぞれ運良く免れ、
    やがて芽吹いて大きくなるのです。
    子どもたちも興味津々のどんぐり。
    でも、どんぐりが動物たちに食べられたり、
    それが芽吹いて大きな木になっていくことまではなかなかわかりませんね。
    どんくん、えいこちゃんの運命から、どんぐりについて学べそうです。
    ただ、擬人化されているのはいいのですが、
    どんぐり入りのおにぎりはちょっと違和感がありました。
    気持ちはわかるんですけど。
    でも、全体的に、どんぐりと木の関係がしっかり描かれていて、
    どんぐりの知識が得られると思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット