しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

妖怪遊園地」 みんなの声

妖怪遊園地 作:広瀬 克也
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784871100519
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,609
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 楽しい、愉快な遊園地

    作者の前作「妖怪横丁」に接してから大ファンになりました。
    とにかく、ストーリーがあってユーモア溢れる内容は子供から大人まで楽しめて、本を広げると瞬時に愉快な妖怪の世界に入り込み、自分の空想の世界も広がります。
    久々に出会えた、私にとっては「至福の絵本」です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 妖怪いっぱい

    妖怪いっぱいでてきます。
    妖怪好きの息子と一緒に読みました。
    もっともっと妖怪がなんかしでかしてほしかったのですが。
    でも、絵本いっぱいに広がるイキイキとした妖怪たち
    は迫力満点。そして楽しい。
    隅々まで見て楽しめる絵本です。
    他のシリーズも読んで見たいです。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気迫すら感じる

    3〜5歳児に読みました
    シリーズで読んでいるので子どもたちはとっても楽しみにしていた絵本です
    妖怪の遊園地にはいったいどんな乗り物があるのか、子どもたちも興味津津です
    始めから集中力も抜群で、イラストの隅から隅まで一つも見逃さないぞっという気迫すら感じます(笑)
    「くらやみトンネル」が意外と怖くないのが面白かったみたいです
    それにしてもポストにはビックリ!
    どうやって届けるんだろう・・・?
    と子どもはそこを心配してましたけど、閉じた裏のイラストを見てナットクしました

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度読んでも楽しめます!!

    怖いイメージの妖怪たちですが妖怪は怖いどころかめちゃくちゃ楽しい!

    男の子がまたまた寄り道…今回は乗り放題の遊園地!

    どんな妖怪がどんな乗り物になってるのか息子と二人でワクワクしながら読み始めました。

    息子のオススメは◆白鳥のみずくみ◆
    水の中に入ってびちゃびちゃやな!ぐるぐる何回で止まるの?と心配そうに言ってましたが顔はニコニコでした。

    最後に男の子が頼まれていた手紙をポストに入れるページは声をあげゲラゲラ笑っていましたよ。

    絵を見るだけでなんだか楽しくなるみたいです。

    一度は普通に読み次からはいろんな楽しい発見をしながらゆっくり隅々まで見るとすごく内容盛りだくさんな作品になっています!

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 妖怪に興味のある子に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ロックロックビのロックコンサート。妖怪だじゃれ満載の遊園地は、とっても楽しそう。
    たくさん現れるおもしろい絵の妖怪も、絵本の前後で紹介されていて、妖怪に興味津々の息子の質問に答えたり、調べるきっかけになるのが良かったです。
    オニや幽霊、福の神なんかも妖怪だったんですね。親子で大発見でした。
    妖怪に興味が出始めた子に、いろんな妖怪がのっているのがいいですね。

    掲載日:2017/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくくまなくほしい!!

    広瀬さんの妖怪シリーズは、とにかくこまかい部分の
    絵がおすすめです。
    文章自体は少ないのですが、とにかくじっくりと、
    くまなく絵を見ていただきたいと思います。
    今回は妖怪たちと遊園地を楽しみます。
    遊園地の乗り物も、全部妖怪!!
    こんな遊園地があったら行ってみたいと思わせて
    くれました。
    娘はまだ漢字がわからないので、説明が難しかった
    のですが、郵便局が「幽便局」になってたりという
    小技がひかっている絵本です☆

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白要素満載

    『八日井福助様』宛ての手紙を頼まれ、でかける男の子が、迷い込んだのは、なんと妖怪遊園地。それも本日開園、乗り放題の日になっています。とにかく、ユニークな乗り物だらけで、その命名に思わずクスリ。お笑い要素満載で、画面のあちらこちらに、おもしろいものを発見することができます。妖怪遊園地で遊ぶ妖怪たちにまじって、一緒に遊んでいる男の子、お手紙を出すのを忘れないでね。
    でも、この『八日井福助様』の正体が気になりますねえ。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖怪パワー全開

    「妖怪横丁」がおもしろくて、横丁以外の妖怪もみたいと思ったら、すでにシリーズだったんですね!
    そして、さすがに遊園地が舞台だと、妖怪のパワー全開。
    すごい勢いのある展開です。
    存分に動いている妖怪が見えます(笑)
    この絵本の妖怪はこわくないので、小さな子どももだいじょうぶですね。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供受けはよかったです

    妖怪ウォッチの影響で妖怪に興味を
    持ち始めてる息子と読みました。
    けっこうごちゃごちゃして激しめの
    イラストなので、子供を引きつけやすいと思いますが
    それだけで私はあまり好きになれない感じでした
    内容もあまりおもしろいとは思いませんでした
    息子は知ってる妖怪をさして喜んでいました。
    1回読んで満足、購入までには至らない作品でした。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話の内容やストーリの云々ではなく,妖怪が好きかどうか絵を楽しめるか,そんな絵本だと私は思いました。
    まさに好き好き(笑)。
    現実にはありえない世界を感じられるのも絵本の醍醐味だと思うので,妖怪好きな方や妖怪に興味のあるお子さんは楽しめるでしょうね☆

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット