ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ふわふわころりんのプーミン(と、えっへん3兄弟)」 みんなの声

ふわふわころりんのプーミン(と、えっへん3兄弟) 作:マーゴット・サンダーランド
絵:ニッキー・アームストロング
訳:森 さち子
出版社:誠信書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784414413649
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥が深く難しい絵本

    この絵本の私の感想は,「奥が深く難しい」です。
    とってもたくさんのことを考えさせられました。

    傷ついたために傷つける側になってしまう主人公プーミン。
    心に痛みを感じることは辛いことですが,心の痛みを感じなくなることはそれ以上に辛いことなのだと思いました。
    心に痛みを感じるからこそ,優しくもなれる。
    痛みを感じることがすべて悪いことではないのかも知れない。
    そう思わせてくれる絵本です。

    心の痛みから心を閉ざしてしまったら。
    それはとても悲しいことです。
    心を閉ざせば痛みも感じないけれど,温かさも優しさも感じなくなる。
    心を開いておく大切さを感じられる絵本です。

    でもね,心に小さな壁は持っておくのもいい!
    時には自分の中で自分を守ることも必要ですから。
    そんなメッセージもよかったです。

    1度読むだけではすべてを理解するのは私には難しい程,奥が深い内容でした。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじめる側に転落

    いじめは、いじめる側が全面的に悪いです。
    いじめる側は加害者、いじめられる側は被害者です。

    しかし、いじめる側の心の中が
    こんなに寂しく荒んでいたら・・・

    この物語は別として、
    その責任って、いったい誰にあるのでしょう?
    一般的には、やはり親でしょうか?

    もとから底意地の悪い子も一定数でいると思うので一概には言えませんが
    このように、何らかの理由があって
    いじめる側に転落してしまった子もいるのかもしれないなあと思いました。

    掲載日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじめられっ子にも読んでみて欲しい。

    • ゆーふぇさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳、

    いじめられっ子は、いじめっ子のことを
    『強くて怖くて、いじめられたりしないんだからボクより幸せそう。』
    なんて思っているのではないでしょうか?
    こんな事がいじめっ子の心の中で起きているなんてわかったら、
    天地がひっくり返るくらいびっくりするかもしれません。
    信じられないかも知れません。

    世の中には『いじめる側』と『いじめられる側』の、
    2種類の人間しか存在しないと思っている人もいるかもしれません。
    しかし、この絵本にはどちらでもない者が出てきます。
    本当に強いのはいじめっ子ではなく、ベリルのような人だと思います。

    掲載日:2013/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に壁を作らないで

    少し冗長な感じのするテキストですが、それなりの意味があって、とても詳細に心の扉のことを学びました。
    誰にでも好かれるプーミンは優しくてとてもナイーブな心の持ち主。
    そのナイーブさが時には自分をセンチメンタルにさせてしまいます。
    でもそれは素晴らしいことなのです。
    ひとりセンチメンタルになったプーミンは、心を閉ざすことを入れ知恵されました。
    心を閉ざすことは、物事に無感覚になるだけではなく、攻撃的にさえなってしまうことでした。
    心の扉は開けたり閉めたりできること。
    このあたりの微妙なことを、とてもわかりやすく語っていますが、そのためにはかなりの回り道の必要性もあったようです。
    結構子どもたちは勘違い、思い違いから思ってもいなかった自分になってしまって、元の自分に戻れなくなってしまう、未熟さを持っています。
    それをどのように見守るか。
    このお話、親への教科書でしょうか。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考える機会

    心に傷を負い、壁をつくってしまったプーミン。
     心をまもる為の かたくて頑丈な『壁』は、
     傷つけるものが入り込むのを防ぐのと同時に
     素敵な温かい気持ちが入ってくるのも防いでしまう。
     とはいえ、オープンすぎるのも、決して良いことではない。
     ほんの少しの・・・、ポケットサイズくらいの『壁』を持ち歩くこと。
     それは、自分を傷つけるものから心を守るための『壁』になる。
    と、この本は語っています。

    このシリーズを何冊か読んできて、感じたこと。
    架空の世界、抽象的な表現・・・。
    「わかりづらい」と感じる人も少なくないと思います。
    私は、このシリーズに『考える機会』を与えてもらいました。
    このお話たちが、何を伝えようとしているのか。
    わが子が、この先壁にぶつかったときに何をしてあげられるのか・・・。
    繰り返し、繰り返し、噛みしめました。

    本当に心を閉ざしてしまってからでは、
    お話が投げかけるメッセージは、届かないかもしれません。
    普段から、こういった本を通じ、大人もこども自身も
    自分やまわりの『心の声』を意識し、考えること。
    そして対処の方法を心のどこかに留めておくことが、
    このお話に出てきた小さな『壁』を持ち歩くこと、
    すなわち、
    自分を傷つけるものを跳ね返す力のひとつに
    つながるのではないかな・・・と感じました。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット