雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

紙芝居 堀内誠一の ながぐつをはいたねこ」 みんなの声

紙芝居 堀内誠一の ながぐつをはいたねこ 作:ペロー(原作) / 堀内誠一(脚本)
絵:堀内 誠一
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784494079834
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がいい!!

    「ながぐつをはいたねこ」はとても有名なお話で,絵本もたくさん出ていますが,こちらは紙芝居。
    絵本とはまた違った味わいがありますね。
    そして,堀内誠一さんの「ながぐつをはいたねこ」よかったです!
    堀内誠一さんの絵が好きな私にはとっても素敵なねこでした。
    有名なお話なので,読み比べてみると,それぞれ雰囲気や味わいが違い本当に面白いものですね!

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 堀内さんの

    堀内さんの絵は、お話によって絵が違いそこがとても魅力的で、堀内誠一さんの本を勉強している時に、この紙芝居が出たことを知りました。

    この作品は1場面に18場面の言葉が少しだけ書かれています。表紙の絵がこれから絵を履くようにも見えますし、脱ぐようにも見えるというところ、工夫されていたのかな?と思いました。

    堀内誠一さんの本を勉強した時に思ったのは、名作への挑戦ということ。『オズの魔法使い』『くるみわり人形』『七わのからす』など、名作ものが多く、この作品もそう。

    パリに在住中にこの作品は描かれたということなので、旅された経験が活かされているのだと思います。

    子どもの頃から何度も読んでいる話ですが、絵が違い文章が違うと受ける印象も違います。

    堀内誠一さんのこの作品はどこか軽やかな感じを受けました。息子もこの紙芝居はいたく気に入って何度も何度も読んでいました。

    何度読んでも楽しいのはやはり名作たる所以だと思います。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット