雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

バートルのこころのはな」 みんなの声

バートルのこころのはな 作:イチンノロブ・ガンバートル
絵:バーサンスレン・ボロルマー
訳:津田 紀子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年11月05日
ISBN:9784097264521
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,380
みんなの声 総数 11
「バートルのこころのはな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 母への恩返し

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    モンゴルの伝説を基に創作された作品。
    伝説という形で大人から子どもへ語り継がれるお話は、
    人々の想いがギュッと詰まっていることを感じました。
    心の花の朝露を集めてお茶を飲むと長生きできる、という昔話を聞いた
    バートル少年は、夜中に家を抜け出して、心の花を探しに行くのです。
    外は真っ暗、目が慣れてきても、恐ろしい化け物の気配を感じるのです。
    でも、バートルは、ついに心の花を探し当てたのです。
    小学校のおはなし会で読みましたが、暗い森の中のくだりは子どもたちも共感していたのか、
    真剣なまなざしで聞いていました。
    心の花は、小さくて白い花。
    その群生している様子は本当に素敵でした。
    何より、バートルの、母への想いがいっぱい感じられて、心がほっこりしました。
    そこここに描かれたモンゴルの人々の服装や道具なども、
    たっぷりと見てほしいです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • モンゴルの伝説

    「こころの花の朝露を集めて淹れたお茶を飲むと長生きできる」という昔話をきいた男の子が、夜中にこっそり家を抜け出し、お母さんの為に朝露を集めにいきます。

    夜道は危険がいっぱい。
    恐ろしい化物の影におびえながら、お母さんの為に、懸命に走り続けます。

    親を大切に思い、敬う気持ち。
    日本では、親より子を優先しがちなので、こういうお話を読むと、もっと親を大切にしないといけないなって反省させられます。

    人、木、山。
    同じアジアだけど、やっぱり異なるモンゴルの景色は、とっても新鮮に感じました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公の相棒馬のヤンザガに注目!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    モンゴルのイチンノロブ・ガンバートル(作)×バーサンスレン・ボロルマー(絵)の絵本シリーズです。
    このおはなしは元々モンゴルにあった
    “お母さんのお乳は、花のしずくを集めてわかして入れた、一杯のお茶ほどに貴重である”という言い伝えと、モンゴルの昔話に出てくる「マンガル」と「ショルマス」というお化けを使った創作だそうです。

    バーサンスレンの絵は、一見デッサンの荒い感じにも見えますが、描かれている物の質感を感じさせる素敵な絵です。
    1つ1つのシーンにとても丁寧に描いてくれているので、
    例えば最初のページの「ゲル」(家族のテントの中)の様子も、どんなものがどこにあって、だれがどういう場所に座って、テントの中にはどんな場所に何があって……と、よくわかります。
    また、主人公バートルと一緒に出かけた馬=ヤンザガの表情や動きを見てください。主人であり、友でもあるであろうバートルと一緒になって、恐ろしい夜の森を抜けて、朝日が見えてきたときの顔といったら!
    心の花のしずくを摘むシーンも素敵でした。

    生活環境は今の日本と全く違いますが、こういう生き方もありだな、こういう家族のつながりっていいな。と思わせてくれる1冊だと思います。

    掲載日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おかあさんのお乳は、花のしずくを集めてわかして入れた、一杯のお茶ほどに貴重である」という伝説をもとにモンゴル人夫妻が作った作品だそうです。

    主人公バートルの真っ直ぐな心根が美しい。
    おじいちゃんに聞いたこころのはな″を求めての冒険は、マンガスやショルマスという化け物からも身を守り、とうとう目的地へと到達するのですが、・・・・・・。

    朝露のしずくを集める作業は、思った以上に大変で、バートルは帰途に、・・・・・・。

    お母さんを長生きさせてやりたいというバートルの気持ちは、しっかり伝わり叶えられたと思います。

    とにかく孝行話にも泣かされますが、絵の美しさに感動です。
    モンゴルの方の作品なのに、イスラム的な細密画のような魅力を感じました。
    表紙絵・見返し・本編と、ひとつひとつ丁寧に描かれたこころのはな″に圧倒されました。

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルを知るにも!

    満天の星空ゲルの中で過ごす,夜に馬に乗って出かける,など日本とは違ったモンゴル文化を知るという意味でも新鮮さを感じる絵本でした。
    衣装や調度品も見応えありました。
    文化や暮らしは違えど,母親を想うまっすぐな気持ちは世界共通ですね!
    お話だけでなくイラストも楽しめる絵本でした。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球のどこかに

    壮大なモンゴルの自然が描かれていて、
    心が解放されるような気がしました。

    地球のどこかに、このような生活をしている人がいるのだと思うと
    不思議な気持ちになりました。

    現地へ行くことはなかなか難しいので
    絵本で体験出来て、良かったです。

    登場人物の表情が分かりやすく、
    心情を汲み取ることが出来ました。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルのお話

    モンゴルのお話というと、「スーホの白い馬」がすぐに思い浮かびます。
    それと比べると、こちらのお話のほうが、もう少し年齢が低い子でも楽しみやすいかな、という印象です。
    母と子の愛情物語なので、ほっとする結末にも安心しますね。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母への恩

    モンゴルでは
    「自分を産み育ててくれた母への恩はとても大きい」と説かれているそうです。
    そして、その恩を敬って
    「母乳は花のしずくを集めて沸かして入れたお茶ほど貴重」というそうで
    その伝説からこのおはなしができたそうです。

    心の花にある朝露を集めて、お母さんにお茶を飲ませてあげようとするバートル。
    夜の森を、花を探して分け入る様子は
    親に感謝しつつも、自立していく様子とつながります。
    めでたく心の花の朝露を集めたバートルですが
    その量はほんのすこし。
    それをお母さんは。朝のお茶の仕上げにたらして
    みんなでその「特別なお茶」を飲むのですが
    その「仕上げにたらす」という心憎いまでの母の演出にしびれました。

    母の愛は無限だし
    それを返してもらおうとは、まさに「つゆ」ほども思ってはいないのではないでしょうか。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんの心に届きます。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    年長クラスの読み聞かせ絵本を決める際、
    メンバーの前で読みました。
    「自分の子(年中さん)にも、聞かせてやりたいわ。」と、
    とても評判が良かった絵本です。

    この絵本は、モンゴルの伝説をもと書かれました。
    モンゴルの人々は、自分のことを生み、育ててくれた
    お母さんの大きな恩を敬って、
    「おかあさんのお乳は、花のしずくを集めてわかしていれた、
     一杯のお茶ほどに貴重である」という言い伝えです。

    バートル少年は、その昔話を聞いて、
    夜中に家を抜け出し、心の花を探しに行くのです。

    途中、モンゴルの昔話に出てくるというマンガスやショルマスが、
    バートルの行く手を阻みます。

    そんな中、バートルは心の花を見つけるのです。

    画面いっぱいに咲く白い花。
    その小さな花びらの上で、朝露のしずくが輝いていました。

    バートルの母への想い、優しさ、とても素敵です。
    なんていい子なんでしょう。
    そして、小さな少年の冒険に拍手。
    よく頑張ったねって褒めてあげたい。

    ラスト、幸せいっぱいの家族団欒に、
    どこの国でもいっしょなんだな〜と思いました。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がモンゴルの草原に馳せます

    最初、私1人だけで全頁立ち読みで読みました。そして、こころのはな
    が咲いているページを、是非、直接手にとって見てみたいなぁと思って
    いたところ、図書館の新刊コーナーにたてかけてあったので、即行借り
    て帰ってきました。

    都会で生まれ育った息子にとって、本当の暗闇なんて分らないだろうな
    と思いました。その暗さが分らないと、バートルがどのくらいの勇気を
    持って、お母さんのために出かけていったのかが分らないかもしれませ
    ん。是非、一度、体験させてあげたいものです。

    こころのはなって、本当にあるのかしら? でも、一面に咲く白い花、
    見てみたいです。心はモンゴルの草原に馳せますね。

    実は、絵を見て、このコンビってもしかして2011年の秋頃に出版
    された『こどものとも』にもモンゴルの人が描いた話があったなぁと
    思って調べてみたら、やはり同じ人たちでした。その話『センジのあ
    たらしいいえ』もなかなか素敵な話でした。お薦めですよ!

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット