おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

紙芝居 みのむしくん」 みんなの声

紙芝居 みのむしくん 作・絵:いちかわ なつこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784494091249
評価スコア 3.75
評価ランキング 31,257
みんなの声 総数 3
「紙芝居 みのむしくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 8場面で夏から翌年の春まで表現

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    年少向け紙芝居です。
    とても、読みやすく絵もはっきりしていて良かったです。

    ケイちゃんという4、5歳くらいの女の子と犬のポムが、「みのむし」を見つけて観察しながら育てているので、「みのむし」本人(虫)ではなく観察者の視点で描かれています。

    「みのむし」は1年をかけて変化するので、この物語はたった8場面で夏から秋、秋から冬、冬から春へとかわる季節を表現しています。
    紙芝居の台本の下にある「演じ方」(脚本家の方がこう演じてほしいと演出している部分)にも、この季節の移り変わりの部分には“時間の経過を想像できるように”とあるので、ここが大きな演じ方のポイントとなりそうです。

    この紙芝居を読む時期は、みのむしを見かける夏の終わりから秋にかけてや、みのむしがみの蛾に変身する春でもいいと思います。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味ありました。

    みのむしがテーマの紙芝居です。

    あまり定番ではない内容だったので、読んでみました。

    たまたまみつけたみのむし。

    そこからみのむしの成長を絵にしたお話です。

    みのむしが糸でぶらさがっている場面で、

    糸?糸ってどこから?なんで糸?と

    次々から疑問が湧いたようです。

    だんだんと大きくなれば、こうやって生き物の

    生態に興味を持つんでしょうね。

    親子で一緒に勉強しながらこういう話を

    読みたいと思います。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みのが・・・

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    紙芝居が大好きな娘が図書館で借りてきて毎日読んでいます。
    みのむしが主役という少しマニアックな紙芝居です。糸にぶら下がっているみのむしは娘も見たことがあるので、喜んでいました。
    最後は衝撃の「みのが」(蛾)になります。チョウチョになるお話は結構あると思いますが、「蛾って・・・」

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット