なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

自分を育てる読書のために」 みんなの声

自分を育てる読書のために 作:脇 明子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784000234900
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本と出逢うタイミング

    本と出逢うタイミングって大事だと思うのです。
    せっかく素敵な本だったとしても、自分にその本を読む準備ができて
    いなければ、素敵だということさえ気づかずに終わってしまうし。
    それどころか、その後「本を読まない人」になってしまうおそれだって
    あるわけだし。
    この本は、公立中学校の司書が読書支援の方法を具体的に紹介したもの
    です。
    今まで本を読まなかった・・苦手意識があった中学生達に、いいタイミ
    ングで本を紹介するとはまるんですねえ(お互いの信頼関係を築いて
    から、というのが重要みたいですが)。
    中学生のような気分になってわくわくしながら読みました。
    娘にこんな風にして本を紹介していくことができるかしら?
    ちょっと自信がないなあ。信頼関係はあるとは思うのですが、関係が
    近過ぎる気もするし。。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いに薦め合っている本

    同じ釜の飯を食べて育つというように、同じ本を読んで育つというのは、共通の経験を持って過ごすということで、成長に大きな意味を持つということを、子育てを通してよく考えます。

    読み聞かせから始まって、一人読みするようになってからも親子で同じ本を読んでいると共通の言語と共通の世界を共有でき、共通体験から会話が弾むように思います。

    そんなことから、わが家では夫・私・息子と同じ本を読む機会が多いです。

    この本は、岩波少年文庫の良さを改めて感じたということを読んだ人から聞いて読んでみたくなったのです。

    脇明子さんの教え子であった小幡さんが中学校の図書室司書としての奮闘体験が描かれています。

    最初に驚いたのは、中学生の読物がケータイ小説などもあるということでした。

    読書というのは、一足飛びにはいかないものです。それは息子への読み聞かせの経験からも思いました。

    長い読物が読めるようになるには、言葉の蓄積や集中力がいります。

    読書経験の浅い子、読書が好きでない子に本を薦めるのは並大抵のことではないと思います。

    でも、若い小幡さんは本当に真摯にひたむきに中学生に向きあわれたことが本を通してわかります。

    最後のエピソードには思わず涙ぐんでしまいました。

    改めて本っていいなと思いました。そして、こんな風に子どもたちに本を薦められたらと思いました。

    ここに上げられている本もすべて読んだことがあるわけではなく、時期がきたら息子と読んでみたいと思います。

    今読んだ人たちの間でお互いに薦め合っている本です。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット