雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

さんぽのき」 みんなの声

さんぽのき 文:サトシン
絵:真珠 まりこ
原作:前田 たかひろ
作曲・編曲:外山和彦 / 安田信二
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784894237599
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,241
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いっぽ、にほ、さんぽ〜 あしたへ

    いっぽ、にほ、さんぽのき〜♪
    毎日口ずさんでしまします。
    ソングブックという形式のこの絵本。
    絵本を読んでにっこり、歌を聴いてほっくり、一緒に歌ってまったり。私にとって、肌身離さずの絵本となりました。
     いっぽんのきがシンボルツリーとなり子どもの成長をやさしく見守ってくれる。作者さんの『目(木の芽)と目(子どもの瞳)が合ってこんにちは』なんて表現には喜びを共感します。小さい頃娘を公園に連れて行き、木の芽や小さな花のつぼみにケラケラと喜ぶ様子を思い出しました。そういう何でもないことに喜ぶピュアな瞬間がいっぱいありましたよね〜。あおあお〜さわさわ〜季節を表現する言葉にも感動します。
     絵の優しさにも心打たれます。日本の季節の美しさが優しいタッチで描かれていて、CDで歌を流しながら絵本を見ていると涙が出てきます。
     もう〜言いたくないけれど〜サトシンさんの声が素敵すぎます^^;
    しびれます正直。
     また、東日本大震災の復興を願ってという作家さんたちの思いにも感動です。巻末の前田たかひろさんの手記にも涙しました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    3
  • さんぽの木の下で

     自然は、時にすべてをこわしてしまうこともあります。けれど、力強い癒しも与えてくれます。
     
     昔の人は、大きな木には、なにかが宿っている、と考えたそうですが、本当なのかもしれないなと思いました。
     子どもも大人も、海沿いに住んでいる人も、街中に住んでいる人も、すべての人に「さんぽの木」が見つかるといいですね。さんぽの木の下で、本当の幸せを考えてみたいです。
     

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • こどもと口ずさんでしまいます

    • Kanaさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子7歳、女の子0歳

    テンポがよく、とても楽しいです。
    絵も優しく、おはなしが、とてもあたたかい!
    CDも繰り返しきいて、
    つい口ずさんでしまう子供たちです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • うーん

    うーん・・・。

    よくありがちな木のお話でした。

    小さいころから一緒に育った木・・みたいな。

    悪い話ではないですが、こういうお話は

    もう少し大きくならないと良さが伝わらないので

    早すぎたかなと感じます。

    あんまり反応もしなかったので、やっぱりなと

    思いました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 育っていく子供を見る親心で

    涙をこらえながら読みました。なぜ、どこで感動しているの?と聞かれてもうまく説明はできないのですが赤ん坊だった主人公が春、夏、秋、冬、嬉しいことも悲しいことも経て木と共に成長していく過程を自分の子供に置き換えて読んでいた気がします。成長を見守る親心ですね。木と共にすくすくまっすぐに育っていく主人公と木のつながり。私も息子の“さんぽのき”となっておおらかな気持ちをもって見守っていきたいなと考えさせられました。
    この本を読んでいると息子はシェル・シルヴァスタイン作「おおきなき」を思い出したようです。きっと主人公と木が一緒に大きくなっていくという点からでしょうね。子が見る目、親が見る目はまったく違うな、と思いました。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い出の木

    自分にも、心の拠り所となっているような木がふるさとにあります。
    東京住まいで九州の田舎にはなかなか帰れませんが、
    ふるさとに帰ると、そこに行き、手を触れて心で会話しながらじっと立っている自分がいます。
    子供の頃から遊んだりして親しんだけっこう高台にある大きな神社の奥にある木・・・。

    これからも、自分の人生以上に生きていくだろうふるさとの大木に思いを寄せることができました。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心の拠り所

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    巻末の前田氏の文章に
    感激しました。
    皆誰もが思った「想い」をこういうふうに
    分かりやすく文章にしてもらって
    ありがたい!という気持ちです。

    シンボルツリー

    高田松原も小学生の頃海水浴で行きました。
    流された実家の近く
    気仙沼の岩井崎の「龍の松」も
    被災後話題になる前に写真で撮影してきました。

    風景を見ると
    「思い出」が甦ります
    その時のこと、想い、関わった人・・・
    いろいろなことが頭の中を駆け巡ります

    震災がなくても
    思い出の地、モノはなくなったり
    変化したりします。

    とても勝手な想いですが
    ある所にあるモノはそこにいつまでも
    あってほしいものです。

    人間は年を経ると、この世から居なくなってしまいますが
    「樹」は人間より長生き
    みんなの想いを受け取りながら
    存在する。

    その存在だけで
    個人だけでなく
    「みんな」の樹
    思い出と共に
    安心する。
    そして、「一歩二歩三歩」進んでいける
    そんな存在。

    素敵な絵本です。
    「全ページ試し読み」で読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    CDも聞いてみたいです♪

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 温かいお話

    いっぽにほさんぽさんぽのきっ言うのが特徴ですね。
    真珠まりこさんの絵は知っていたので親しみがわきました。
    木の温かい感じと、時の流れがゆっくりと過ぎていくのが
    ほのぼのとして優しい気持ちになれます。

    子供から大人へそしてまた次の代へと木がずっと
    見守っていてくれてるようでいいなと思いました。

    掲載日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんだかポエムみたい

    絵本全体がリズム感があって、同じ節が何度も登場します。
    まるでポエムみたいな、そんな優しいメッセージが伝わってきます。
    そして、この大きな木のグリーンがなんだか心癒してくれます。
    緑のページがなんでこんなに印象的なんだろうと考えてみたら、この木、幹もグリーンなんです。緑のページは人物の縁取りもグリーンっぽい色を使っていて、全体的に色彩が統一されています。だから余計に秋のページで黄色い色彩になったり、冬のページで雪の世界になるとめりはりがあって、ハッとさせられます。
    私は特に、秋の少しセンチメンタルな雰囲気が好きです。
    ひらりと肩に落ち葉が落ちてくるのですが、その落ち葉が友達と仲直りを促してくれたという葉っぱを擬人化させた素敵なシーンです。

    大人になっても緑の木を見上げると元気が湧いてきたり、気持ちがリセットできりすることって結構あります。
    まるで大きな木の下でいるかのようなゆったりした気持ちでこの絵本を読んでみると、不思議と心の中もすっきりとしてくると思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切に作られた絵本だと思いました。

    何気なく手にとって読んでみた絵本でした。
    木と子供の成長と、そんななつかしさを感じました。
    いっぽ、にほ、さんぽ、あしたへという
    「さんぽのき」プロジェクトの作家さんたちの
    想いと復興への願いが集結している大切な作品だと
    知りました。CDの歌は心に響く歌詞とメロディーで
    印象つけられました。
    神戸市民の私も自然災害の恐怖、
    復興への道のり、いろんなことを思い浮かべました。
    今になってこのような絵本があることを知った私ですが、
    いっぽにほさんぽ 明るい未来へすすむことを願っています。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット