ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

光になった馬。−たったひとつの−」 みんなの声

光になった馬。−たったひとつの− 文:EPO
絵:北村 人
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,143+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784072803820
評価スコア 4
評価ランキング 18,446
みんなの声 総数 7
「光になった馬。−たったひとつの−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 三頭の馬
    競馬の馬になった
    荷物を運ぶ力持ちの馬
    病気がちで弱い身体の馬   それぞれに自分の生き方が違うのです
    みんな 生まれながらにもっている力や 生き方が違うのですが・・・
    病弱な馬は 何の取り柄もないと思いこんでいて 悲しい気持ちで死んでいくのです・・・ かわいそうだな〜
    こんなに 自分に自信が持てないなんて言うのは 誰にでもあると思いますが、人の花は赤いと言う諺があるように  人の物がよく見えて、自分はどうしてこんなにも自信がないんだろう。
    そんな悩み  分かるような気がします
    でも  ある時気がついて 自分という人間は 一人しかいなくて大事なものだと気がつけば  生き方も変わるのでは 
    なかなか 思うようにいかないのが現実かも知れませんが・・・
    悲しい死に方の馬ですね

    たったひとつのは少し まわりくどいいいまわしだな〜 
    言いたいことはよく分かりますが・・・
    もう少し 詩にインパクトが有ればと感じました
    「何のために人は生まれてきたのだろう?」   これは思春期のころ自分に中でも感じた思いですから分かるのですが

     繰り返しが多くて・・ 工夫がほしかったです
    人にものを感じてもらうというのは 難しいですが 表現の仕方で伝わると思います。

    芸実作品を見て感動したり 歌を聴いて 涙したり 
    感動を与えたり、小説を読んで考えさせられたり いろんな事がありますから・・
    CDで歌を聴いていませんから ごめんなさい!    

     

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心にきました!

    試し読みさせていただきましたが,読み終わった後,うるうるしている自分,胸がキュンとしている自分がいました。

    「光になった馬」では,亡くなってから周りに愛されていたことを知る馬のお話が,とても切なかったです。でも空にいってからも愛されていたことを知れた馬は幸せですね。

    「たったひとつの」では,誰もがかけがえのない命を与えられて生きているのだということを思いました。
    この世の中の一人一人が,その他大勢なのではなく,たったひとりの誰にも代えられない存在なのです。

    この2つのお話にある共通のもの。
    自分を大切にして生きていこう〜子供を大切にして生きていこう〜家族を大切にしていきていこう〜自分の周りにいる一人一人の存在の大切さを私は思い知らされました。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なことは目に見えない

    とてもシンプルですが、
    物語と詩が確かに心に触れたのを感じました。

    「光になった馬」は、最後に何か展開があるのかと思っていましたが
    そのまま終わってしまい、なんとも悲しい気持ちになりました。

    この世を去ってから大切なことに気がつくのは、
    あまりにも悲しすぎます。
    あの有名な童話でも語られているように、
    大切なことは目に見えないのですね。

    「たったひとつの」については、読んでいて心が安らぎました。
    現在、特別悩んでいる訳ではないのですが
    家族や友人が、きっといつでも そんなふうに思ってくれているような気がして
    幸せな気持ちになりました(図々しいかしら?)

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しかった

    まさか、こんな結末になるとは・・・言葉を失いました。
    自分がみんなから愛されていたことに、死んでから気がつくなんて・・・3番目の馬にとっても、まわりの人々にとっても、これほど不幸なことなないのではないでしょうか。

    掲載日:2013/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなたの代わり

     「あなたの代わりはどこにもいない
     たとえば誰にも愛されなくても」
    という言葉が、気になりました。
     誰にも愛されない自分で生きていくのは、さびしいなと思いました。
     それが真実だとしても。

     おおらかな絵と、ゆったりした文章でおちつきますが、ちょっと抽象的で難しいなと感じるところもありました

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • CD聞いてみたいです

    全ページ試し読みさせていただきました。ぜひCDも聞いてみたくなりました。自分の心の隅にあるもの・・・私だけではなくいろんな方が、さまざまな形でかかえていられるのだろうと思いました。私もそうですが、大人の方にむけた絵本は読んだことがない方が、たくさんいらっしゃると思いますが、絵本はこどもの為のものだけじゃないのだと知って頂きたいです。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にズシリ 

    死んだ自分の姿を想像したら、何を感じるのだろう。
    死んだ自分の周りに、自分の死を悲しんでくれる人はどれだけいるのだろう。
    自分が愛されていたことを知るすべは何だろう。

    この本を読んで、いろいろな思いが心を突き抜けていきます。
    何もとりえがないと思っていた自分が、どれだけ愛されていたかを知って、馬は戻ることができません。
    やるすべなく、馬は天に召されていくのです。
    あの大震災から一年。
    答えのない鎮魂を痛感します。
    悲しいままでは終わってほしくないお話でした。


    そして、歌

    命!!!
    自分の存在!!!
    自分の重さ!!!
    自分の起源!!!

    ひとつだけの命!!!
    替えることのできない命!!!

    自分のあるがままを受け止めよう!!!

    とても強いメッセージがありました。
    たったひとつだけしかないものの尊さ。

    EPOさんの思いと歌が、身体を突き抜けていきました。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット