雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ぼくはブルドーザー!」 みんなの声

ぼくはブルドーザー! 作・絵:三浦 太郎
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784772102049
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,678
みんなの声 総数 19
「ぼくはブルドーザー!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 三浦さんの子供時代

    「くっついた」などモダン(?)な作風の三浦太郎さんですが、めずらしく手書きタッチの絵本に同一人物?と思ってしまいました。

    あとがきにはご本人の思い出と共に、「子供の頃の自分と対話ができた」と書かれてあり、出てくる男の子が三浦さんの子供時代のようでもありました。

    個人的には最後の何も言葉がないページが味わい深くて好きです。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもと雰囲気が違います。

    今まで、読んだ三浦さんの絵本とは少し絵の雰囲気が違います。
    これは、本当に男の子向けで、工事車両が好きな子には本当にオススメです。
    実際、我が子も砂場で、絵本の主人公と同じようなことをよくやるので、親子ともに親近感が湧く内容でした。

    最後、お父さんがリフト車になって、帰路につくのが、素敵だなーと思いました。

    掲載日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳2ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    のりものが大好きで、いつもパワーショベル、ダンプカー、ブルドーザーを使って石遊び。
    この絵本に出てくる男の子にも共感できるのか、借りてきた日に何度もお父さんに読んでもらっていました。

    掲載日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに男の子そのもの!

    「くっついた」という本がとにかく大好きで、三浦太郎さんの絵本が大好きになりました。絵が柔らかくてとても親しみやすい絵ですよね。

    子ども達って砂場遊びを楽しんでいるときは、自分でブルドーザーなどなど工事車になりきって遊んでいますよね。まさに泥んこになりながら毎日砂遊びを楽しんでいる男の子そのものだと思います。

    最後のお父さんとリフト車になる姿がまた素敵ですね。

    掲載日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車の名前を覚えた!ママが!!

    1歳2カ月、車好きの息子に。

    男の子が砂場遊びでお城を作るのですが、その様子がはたらく車に見立てられて描かれていきます。

    車の図鑑みたいなものを読むようにせがまれ、そのたびタンクローリーなど読んでいたのですが、いまいち覚えられませんでした(ママが)。
    なのですが、この絵本を読んで覚えました(ママが)!!

    ロードローラーは地面を固めるのね、クレーン車は土を運ぶのね。
    と、活躍が自然に理解できました。
    ママが理解できているんだから息子もきっと理解できていると‥思います。

    もちろん息子も毎日読んでほしいと持ってくるので、お気に入りの一冊です。
    子どもはもちろん、車に興味のないママにもぜひ読んでほしいなーと思います。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うまい

    働く車が大好きな息子に借りてきました。
    とってもはまってくれています。
    三浦さの絵が可愛くて好きです。

    砂場で遊ぶ様子がうまく
    重機に当てはめられていて素晴らしい絵本です。

    お父さんのアイディアもステキで
    息子は大喜びです。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 砂場&工事車両好き息子が大興奮

    2歳10か月の息子が図書館で選びました。
    息子はホイールローダ、ダンプカーなどの工事車両のおもちゃを使って、
    砂場で遊ぶのが大好き。
    泥にダイプしたり、掘ったり運んだり、泥だらけで夢中で遊びます。
    そんな息子がとても共感した絵本。

    砂場で遊んでいる男の子が、ブルドーザー、ロードローラーなどになりきるというストーリー。
    最後にお父さんが出て来て、高所作業車になったりするのも、とてもいいです。

    奥付に三浦さんの「砂場の思い出」というコラムがありますが、
    それも、読んでとても共感できるものでした。

    息子はとても気に入ったようです。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真似っこ遊び

    働くクルマが大好きな息子に読みました。働くクルマがたくさん出てくるので、クルマ好きな息子は、とっても気に入っていました。クルマ好きのお子さんにオススメです。思ったよりお話しのボリュームもあって良かったです。
    こどもって真似っこ遊びが好きですよね。しかも完全になり切ってますよね(笑)この絵本の主人公も、完全に働くクルマになり切っていて、その姿がとても可愛いです。こどもらしさが出ていて、楽しいお話しでした。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 重機が好きな次男のお気に入り

    最初は、長男と一緒に図書館に行った時に
    たまたま手に取った絵本でしたが、
    電車好きの長男の反応はイマイチ

    砂場で、豪快に遊ぶ所なんて
    楽しいのになぁ。と思いつつ、それっきりでした。

    次男は、長男と趣向が異なり
    はたらく車が大好き

    電車は、素敵な絵本がたくさんあるのにな。と
    絵本を探していたところ
    二回目の出会いでした。

    予想通り、次男は、毎日布団の上で
    ガガガガーと、しちゃうくらい


    はたらくくるま好きには、

    おやすみ、はたらくくるまたち と
    ぼくは、ブルドーザーが
    おすすめです。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの世界にピッタリ!

    「くっついた」も持っていますが、この本の表紙、パッと見た時は三浦さんだと気づきませんでした。割とシャープで洗練されたイラストの印象があったので、今回は何だか手書き風というか、懐かしい感じのイラストで・・・
    色も、オレンジと黒がベース。カラフルではありません。
    ところが、読んでみてビックリ!!!
    これ、まさに3歳の息子が毎日公園の砂場で遊んでる世界そのまんまなんです!
    砂場を足で蹴散らしたり、踏みつけたりしながら「ショベルカーが来ました!!」と熱中している息子。彼の中ではきっと自分がショベルカーになってるつもりで、それを絵にしたらまさにこの本!!
    息子はもちろん、始めて見た時から大喜びで何度も読んでほしがりました。
    自分達の空想の世界を上手に絵にしてもらって、それでまたヒントを得てより遊びの中の空想の世界が広がって行く・・・とってもいい絵本だと思います。
    ごっこ遊びができるようになって、乗り物が好きならきっと楽しめると思いますよ。
    色使いがシンプルなのも、子供たちそれぞれの空想の世界を邪魔しないという点でとても素晴らしいと思います。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット