大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

偕成社文庫 プチ・ニコラ(5) ジョアシャンのなやみ」 みんなの声

偕成社文庫 プチ・ニコラ(5) ジョアシャンのなやみ 文:ルネ・ゴシニ
絵:ジャン・ジャック・サンペ
訳:小野 萬吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1996年08月
ISBN:9784036520909
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「偕成社文庫 プチ・ニコラ(5) ジョアシャンのなやみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • プチ・ニコラのシリーズを読んできて、最終巻になりました。
    かえってきたプチ・ニコラシリーズができたのは、ファンからの強い要望ではないかと、ひそかに思っています。
    なんでこれほどに、面白いのか?
    解説に訳者の小野萬吉さんが書いているのですが、ただドタバタな滑稽話ではなく、エスプリに満ちているのです。
    この機転が大人心を満足させる部分でしょう。
    それから、ショートストーリーの展開は、4コマ漫画的であり、必ずオチをもって終わるのところでしょうか。
    ひそかにエンディングを想像しながら読んでいると、ゴシニさんにもてあそばれているようにも感じます。
    サンぺさんの絵も、なんだか新聞紙面の漫画みたいです。
    読み始めたら、ハマってしまいました。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子がとても好きなシリーズ

    息子に読み聞かせをと思っていたら、待ちきれなくて大半を息子が先に読んでしまったのに、その後読み聞かせをせがまれました。

    息子がとても好きなシリーズです。

    どの話もオチがあってクスッと笑えるのですが、パパがママの日ごろの買い物の仕方を批判して買い物に代わりに出かける話や夫婦喧嘩が出てくる話は、大人もつい笑ってしまうかもしれません。

    うるさい先生のブイヨンや優等生のアニャン、いつも何かしら食べているアルセストなど、どの話を読んでも出てくる登場人物の性格設定がかわらないことが、シリーズを読んでいておもしろいのかも。

    挿絵を見ていてても未だに誰が誰やらわかりませんが、フランスの子どもたちの活発な少年時代がうらやましくもおもしろく感じられるシリーズです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット