大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼく、ネズミだったの!」 みんなの声

ぼく、ネズミだったの! 作:フィリップ・プルマン
絵:ピーター・ベイリー
訳:西田 紀子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784036312108
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しんでれらの

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    副題に『もう一つのシンデレラ物語』とあります。
    しかも、表紙絵のロジャー(ネズミのこの仮の名前)はどうやら下水道にいて、そのロジャーの影はネズミの形……。本の検索をしていて、この表紙絵を見た途端、気になってしまってすぐ探してきました。

    作者の発想が面白いかったです。
    「シンデレラ(この話では彼女の名前は“メリー・ジェーン”ですが)」をお城へ運ぶために御者となったネズミのその後!
    昔話の中で、シンデレラは王子様とのやり取りを経て幸せになりますが、そういわれてみれば、あの時のネズミはそれきりおはなしには登場してきません。
    人間の男の子となったネズミのロジャーは、いろいろなことに巻き込まれて大変な目にあいますが、たまたま知り合った靴屋のボブとジョーン夫婦の愛情に恵まれ、
    この物語のラストを読む限り、今後は人の子として頑張って生きていくようです。

    1章1章が短く、ポップな感じの文章で、とても読みやすかったです。所々に遊び心で(?)書かれているゴシック新聞の記事みたいなページがあって、その中も楽しく読めました。
    「シンデレラ」は女の子の好きな話というイメージがありますが、この物語は、シンデレラが貧しい女の子だった時の友達のネズミが主人公なので、男の子でも女の子でも楽しく読めると思います。
    漢字のルビなど見ると、小学校高学年くらいのお子さんにお薦めできそうです。

    後書きを読むと、この本の作者は英国・米国で子どもたちだけでなく、大人たちにも広く読まれている人気作家だそうですので、
    シンデレラの「続き」が知りたい大人たちにもお薦めしたいです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット