だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

新編 マキちゃんのえにっき」 みんなの声

新編 マキちゃんのえにっき 作・絵:いせひでこ
出版社:平凡社
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784582835311
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,474
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母の目、子の成長

    娘さんの小さい時分を写し取ったエッセイ風小説。
    絵描きさんも大変だなぁ、とか、いせさんもお父さんの手がまったくない育児をしたクチかなぁとか、マキちゃんは今でいう障害の類の「家で話せるのに園で喋れない」だったのかなぁとか、いろいろ考えながら読んだ。
    マキちゃんが、素敵な職業に就いて嬉しいな。

    なぜ☆3かというと、マキちゃんへの観察眼が鋭すぎるから。
    お母さんの立場になって見たわけでもなく描写されていて、でも途中からお母さんの気持ちもすごく書かれていて、どっちが主人公?どっちに入って読もう?と迷ってしまった。
    マキちゃんの気持ちがスッと入ってこなかったん。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くお母さん

    働くお母さんと、保育園に通うマキちゃんです。
    マキちゃんの目線で書かれていますが、鋭い指摘で、読んでいるこちらも「ドキッ」とするほどでした。
    お母さんが優しくてお願いを聞いてくれるときは、早く寝て欲しいとき
    子供は気がついているのですねー。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いせさんの子育て

    先に『MOE』の松谷みよ子さんの特集を読んでいたせいもあるかもしれませんが、

    松谷みよ子さんのモモちゃんのシリーズを彷彿とさせるところがあるのを感じました。

    園児の小さなマキちゃんが主人公、そんなところからモモちゃんを重ね合わせました。

    モモちゃんが誕生日を迎えるまでと、成長したマキちゃんのその後も増補で追加されています。

    息子が小さかった時のことを読んで思いだしました。中に「小さなお話」という話が入っていて、バザーにお母さんが絵を描いて出したというものが、いせさんらしいと思いました。

    いせさんが、お子さんに優しいまなざしを注がれて子育てをされていたことが感じられます。

    総ルビなので読解力がある子なら低学年から、分量的には中学年ぐらいのお子さんから楽しめそうです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット