たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

なめとこ山の熊」 みんなの声

なめとこ山の熊 作:宮沢 賢治
絵:中村 道雄
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1986年11月
ISBN:9784039632807
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,474
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 畏敬と諦念と 

    宮沢賢治の朴訥な表現と、自然界の掟、生きるためにやむを得ぬ生業とが絡み合って、とても重厚で深みのある作品だと思います。

    熊を殺すことを生業としている、小十郎はほかの生き方ができないのです。
    死んだ家族と自然から糧を得られぬ環境。
    やむを得ず熊を殺し続けます。
    熊から得た熊の胆と毛皮は、悲しいほどの少額の金銭で買い取られますが、小十郎は他に生き方を知らないのです。

    小十郎が熊に対する優しさと、生業との矛盾がこの物語のテーマ。
    そして熊にしても小十郎に畏敬の念をもって向かいます。
    殺されることへの諦念の中に憎しみがないのが不思議です。
    ただ、熊たちは小十郎を殺してしまいます。

    小十郎の死後の世界と、熊たちが小十郎の死骸を崇める儀式のような表現。
    宮沢賢治の哲学とでも言えるのでしょうか、とても崇高なものを感じました。

    組み木絵という技法の中村道雄さんの絵は工芸の世界です。
    ただ、それぞれの世界がそれぞれに強すぎて、小十郎と熊の関係のようには物語の中で絡み合っていないように思いました。

    ちょっと違和感を覚えるような言い回し。
    理解できるのは、高学年以上でしょうか。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい

    この絵本は、大人の私でも読むのが大変でした。なので、うちの子はほとんど聞けていませんでした。昔の言葉も多くって、私は意味を辞書で調べたやつもありました。宮沢賢治さんの作品なので、これをすらっと読める大人になりたいな〜なんて思いながら読んでいました。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこ良くもあり、かっこ悪くもある生き方

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    迫力ある画でした。
    この絵本で使われている挿絵の形は「組み木絵」という技法だそうです。
    描かれたのは中村道雄さんという方です。
    山の森の風景、狩猟犬(秋田犬ほど大きくないので、この犬はきっと柴犬をイメージしてるんでしょうね)、熊たちそして主人公の小十郎。
    どれをとっても、見ごたえのある素晴らしい絵でした。
    特に熊たちが死んだ小十郎を囲んで円陣を組んでいるシーンは印象的でした。

    難しいお話ですが、かっこ良くも見えるし、かっこ悪くも見える子十郎の「男の生き方」を、じっくり堪能できるのは小学校高学年以上、出きれは中高生に読み聞かせなどで読んであげたい1冊です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット