うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

はと」 みんなの声

はと 作・絵:菊池 日出夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年09月
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,249
みんなの声 総数 9
「はと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもリアル

    子供はあまり意識してないですが、私から見ると鳩のオレンジの目とか羽の色とかがリアルで少し怖かったです。

    でも、息子は公園でいつも見るので喜んで聞いていました。
    公園の水飲み場や水たまりで水を飲んでいること
    クルッポクルッポって鳴いて、ツンツンしていること
    ベタッと羽を広げて昼寝していること

    公園のいつもの風景、いつもの脅かす仕草。とても親近感わいているよう。ハトさんも可哀想だから脅かしちゃだめよと教えました。

    どの子も一度は追いかけるかな?

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やたらリアルな鳩絵本

    息子にとって一番身近な鳥といえば鳩。
    公園に行くと必ずいるので。
    たまたまこの絵本をいただいたので、ちょうどいいと読み聞かせたのですが
    子どもが驚かすページで息子を本当に驚かしてしまったため泣きわめき、まったく読んでくれなくなりました。
    忘れたころにまた読もうと思っております。

    内容ははとの生態をユーモラスにゆっくり描いていて、とてもわかりやすくていいと思います。
    絵本を見ていて、はと(というか鳥全般)の目って何考えてるかわかんないよなー…なんて思いました。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜ借りて来たのか・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    この絵本を読んでいて初めて知ったことなのですが、
    娘ははとが嫌いらしいです。

    私も元々はとはそんなに好きではない。
    首筋の紫緑のあたりとか、やけにまん丸な眼とか、
    首を動かしながらうごく感じとかが、
    この絵本はやけにリアルで、
    二人して「うー。」と言いながら読みました。

    なぜ借りて来たのか・・・。

    最後に笑えたのは、子供に追いかけられるはとのシーン。
    そうそう、これ絶対やるよね!
    子供というものははとを追いかけるものです。
    はと好きでない私たちですが、
    思えばはとも気の毒なものだと感じた一冊でした。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羽の音

    はとの絵本があるなんて!と驚き。

    はと、大好きなんです。だって毛並みがとっても綺麗なんですもの。
    まるで緑と紫色のマフラーを巻いてるみたい。

    この絵本で感心したのは、はとが飛ぶときの音。
    空から降りてくる時は、パタパタ。
    逃げる時は、バサバサ。

    そうそう、そんな音するんだよね!と、とっても嬉しくなりました!

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今でもやります

    2歳くらいの時、なんども読んだお話です。

    保育園で人気があると紹介されたので購入しました。

    鳩の様子がかかれています。

    公園で水を飲んだり、草の実を食べたり。

    絵もなかなかリアルです。

    小さい男の子がワー!といって鳩を驚かします。

    そうするとあわてて逃げるんですが、ここが一番のお気に入り。

    今でも公園で鳩を見るとまねしてワー!とやっています。

    正直本屋で予約して届いたとき、

    えっ?こんな絵の鳩?こわくない?なんで人気あるの?と

    不安でしたが、読めばわかります。

    先入観を持たず、読んでほしい絵本です。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳩の行動

    鳩は身近に感じる鳥ですが、その行動をここまでじっくりと見たことはなかったように思います。
    公園の水のみ場で水を飲んだり、子供に驚かされたりと、自然の中ではなく、あくまでも人間の近くで生活している様子がわかりました。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にとって身近な鳥

    都会住みの娘にとって、とても身近な鳥ハトポッポの本です。
    絵を見て、彼女なりに読んでくれるといもあります。
    男の子は自分で、「わー」と脅しているのではなくて
    「ぽっぽさんこんにちわ」と言っているのだそうです(笑)
    はとが草を食べてるところがお気に入りのようです。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • わ〜

    鳩の日常が描かれています。 小さな子どもにも馴染みのある鳩が水を飲んで、水浴びをして、草のみを食べて・・・とまったりしていたら突然子どもが驚かします。

    ここまで、大人しく聞いていた娘がここで突如食いつきました。
    鳩もビックリしただろうけど、私もビックリ。

    繰り返し読んでと持ってくる本になりました。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常

    公園にいるハトの日常を描いたお話です。

    単調に話が進んでいくので、少し物足りない印象を受けました。
    しかし、ハトが生活している様子は伝わってきます。

    この絵本を読むと、ハトを観察したくなる一冊です☆

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット