サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

ノーナさまのクリスマス」 みんなの声

ノーナさまのクリスマス 作・絵:トミー・デ・パオラ
訳:湯浅 フミエ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784033275307
評価スコア 4
評価ランキング 19,798
みんなの声 総数 3
「ノーナさまのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆる〜い魔法使いのノーナと、これまたゆる〜い弟子のアンソニーが、ゆるみっぱなしのクリスマスを演じてくれます。
    ノーナの手伝いをまともにできないと思っていたアンソニーは、ノーナの上をいっていました。
    アンソニーの演出したクリスマス。
    弟子にやられた形ですが、なんだか心温まりました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなおばあちゃん

    このお話に出てくるおばあちゃんのノーナさまはとっても優しそうなおばあちゃんで、クリスマスの日にはみんなを招待してパティーを開いているそうです。でも、パティーン準備をしている時に、ちょっと人使いが荒いな!?って思ったのは私だけでしょうか??なんかそこが笑えてしまいました。

    掲載日:2012/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなクリスマスプレゼント

    イタリアのカラブリアにある小さな町(イタリアのいちばん南のはしの町)
    まほうつかいの ノーナさまは クリスマス・イブに町中の人を招いてパーティーをするのです  大忙し のっぽのアンソニーは いろいろ仕事を言いつけられて そのたびに いやそうに 「まほうをつかえば」  でも・・・「だめだめ。クリスマスのころにはまほうをつかはないことになっているのさ」
    ほんとうに 楽しそうな パーティーのじゅんびの様子なんです
    アンソニーはいろいろ言いつけられて いやいや イブの朝に頼まれたかいものを みんな忘れてしまうのです 
    ああ〜
    でも アンソニーは なんといきな 計らいをして 
    ノーナさまを 喜ばせるのです
    なんと 町中のみんなが ノーナさまを喜ばせるなんて ステキな展開ですね!
    絵がかわいく  イタリアのカラブリアの町や 人々 教会が 描かれています
    パーティーの楽しさ 鱈のシチュー食べてみたいですね
    みんなパーティーが 大好きなんですね(魔法使いたちも)

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット